旅の思い出、詰め合わせ。


by mpoo1123ex
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ノルウェー旅行記 フィヨルド編

ノルウェー旅行記2回目はフィヨルド編です。

フィヨルドとは…
氷河によって削られてできたU字谷に海水が流れ込んだ入り江のこと。
氷河時代の終わりごろ(約1万年前)に氷が融けて海面が上がり
深い谷の一部が海に沈むことで形成されていった。


“フィヨルド王国”と呼ばれるノルウェーには世界最大規模を誇るフィヨルドが点在しています。
今回の旅行では、ノルウェー国内を東から西に横断しながら
そのダイナミックな風景を満喫してきました。


まずはオスロから西を目指してバスで移動。
まだ雪で覆われた高原や渓谷。
ダイナミックな自然を眺めながらの楽しい道中でした。

ハダンゲル高原
d0163482_20324921.jpg

シーセンダム
d0163482_20345583.jpg

ヴォーリングの滝
d0163482_20353459.jpg


そして、ロストフースに到着。
フィヨルドのほとりに立つホテルに宿泊しました。
d0163482_2039243.jpg

ここUllensvang Hotelは、ノルウェーの王室も宿泊するという格式高いホテルだそうです。
d0163482_20423553.jpg

部屋はフィヨルド・ビュー!
d0163482_2043916.jpg

ホテルの手漕ぎボートに乗ってフィヨルドを体感!
d0163482_20491324.jpg
漕ぐのはもちろんダンナくんのお仕事です。


夜は更け…
d0163482_20503112.jpg
こんなに明るくても夜10時。

朝がきた!
d0163482_20524925.jpg
この日も快晴!
静かなフィヨルドは、まるで大きな鏡のよう。

言うことなし!の本当に素晴らしいホテルでした。
d0163482_20544840.jpg
ノルウェー名物のトナカイ(の銅像)とフィヨルド


ホテルを出発し、再びバスで移動。
この日も、ノルウェーの大自然を満喫します。

グランビン湖
d0163482_2163842.jpg

そのちかくで虹色に輝く滝を発見!
d0163482_2154285.jpg

d0163482_2173732.jpg

シュルベの滝
d0163482_2181467.jpg


グドヴァンゲンに到着。
いよいよ今回の旅のハイライトです。フェリーに乗ってフィヨルドをクルーズ!
d0163482_2113292.jpg

切り立った山々に囲まれたフィヨルドをゆっくりと巡ります。
d0163482_2114393.jpg

d0163482_2116343.jpg


エメラルドグリーンの海水がキラキラと輝いて、とっても綺麗でした。
d0163482_21174342.jpg


たくさんのカモメたちが寄ってきます。
d0163482_21182325.jpg

お目当てはダンナくんが持っているパン。
d0163482_2120832.jpg
けっこう怖いです。私はできませんでした。

途中にあった小さな村には
d0163482_2122549.jpg

ヤギがたくさんいました。
d0163482_21224861.jpg

子ヤギもいる! 可愛い~
d0163482_21233124.jpg


河畔には可愛らしい家並みが。
d0163482_21263658.jpg


氷河時代の太古から形づくられてきたフィヨルド。
d0163482_2125631.jpg

壮大な景色を眺めながらの約2時間のクルーズ。優雅な時間が流れていきます。
d0163482_21283651.jpg


終着点のフロムに到着。
d0163482_21291999.jpg


ここで、フロム山岳鉄道に乗り換えて
d0163482_2130345.jpg

標高差866mを駆け上がり、ミュールダールへ。
d0163482_21321459.jpg


ショースの滝の前で途中停車。
d0163482_21332758.jpg

d0163482_21573821.jpg
まだ一部が凍っているため迫力はイマイチ… ちょっと残念でした。


以上、フィヨルド編でした。

壮大な風景を目の前で見ることができて感無量です。
ダイナミックにそびえ立つ雄大な岩山と、その姿を水面に映し出す静かなフィヨルド。
大自然の壮大なスケールを目の当たりにして何ともいえない爽快な気分になりました。

[PR]
by mpoo1123ex | 2010-05-19 21:50 | ノルウェー