旅の思い出、詰め合わせ。


by mpoo1123ex
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブダペスト旅行記 前編


ドナウの真珠” “ドナウの薔薇”と讃えられる美しい都市
ハンガリーのブダペストを旅行しました。

今回は飛行機で。アムステルダム⇔ブダペストは約2時間のフライトです。


さっそく ブダペストの街並みを写真でご紹介しま~す♪

街の中央を南北に流れるドナウ川
d0163482_13561916.jpg


西側はブダ地区、東側はペスト地区と呼ばれています。
その2つの岸を結ぶ橋の中で最も有名なのが このくさり橋
d0163482_6232224.jpg
橋塔の各川岸にはライオン像が2体ずつ

くさり橋 のシンボルとして静かに佇んでいます。
d0163482_624444.jpg
舌がないのが特徴。


くさり橋を渡ってブダ地区へ。

ケーブルカーに乗って、世界遺産の王宮の丘を目指します。
d0163482_6285880.jpg


丘の上はブダペストの街並みを見晴らせる絶好の眺望スポット。
d0163482_6362534.jpg

くさり橋
d0163482_6375744.jpg

ゲッレールトの丘
d0163482_6384857.jpg
王宮の丘の南東に連なる標高235mの丘。
大空を仰ぐ巨大な自由像が立っています。

その近くの温泉へ行きました。ゲッレルート温泉です。
d0163482_724163.jpg
実はハンガリーは日本と同様、世界有数の温泉大国。
市内に温泉施設が点在しているのです。

このゲッレルート温泉はホテルに併設された温泉で合計13(たぶん男女併せて)の浴槽があり
男女混浴の浴槽では水着着用、男湯、女湯では裸で入れます。
泉温は最高でも38℃。日本に比べるとちょっと低めで物足りない感じがしました。


さて、再び話を王宮の丘に戻して、見どころスポットを紹介していきましょう。

まずは漁夫の砦
d0163482_6422445.jpg

中世の城跡を利用して造られました。
d0163482_64324.jpg
名称は、かつて城壁を守ったのが漁夫だったことに由来しているそうです。


ハンガリーを統一した聖イシュトヴァーンの像
d0163482_6454164.jpg
彼が掲げる十字架像は2重になったハンガリー独特のもの。


歴代国王の居城だったブダ王宮
d0163482_6493984.jpg
現在は美術館や博物館として公開されています。


伝説の鳥の像
d0163482_6512149.jpg


コンサートも行われる マーチャーシュ教会
d0163482_6543967.jpg

壮麗なモザイク屋根が特徴です。
d0163482_6553069.jpg

内部も華やか
d0163482_6563618.jpg

d0163482_658478.jpg

ステンドグラスから差し込む光が美しい
d0163482_6574649.jpg

d0163482_658753.jpg


マーチャーシュ教会のそばには三位一体の像が立っています。
d0163482_71257.jpg

ペスト終息の祈りと感謝を込めて造られた像です。
d0163482_714288.jpg


以上、王宮の丘の見どころスポットでした。


ブダペストの魅力の1つは夜景。
街じゅうがライトアップされ、煌びやかな絶景が楽しめます。

ナイトクルーズでドナウ川沿いの夜景を満喫。
d0163482_213657.jpg

d0163482_2171880.jpg

ゲッレルートの丘の自由像
d0163482_2163812.jpg

王宮の丘
d0163482_2174178.jpg


見どころ満載のドナウ川沿いは夜のお散歩が楽しい♪

ブダ王宮
d0163482_218184.jpg

d0163482_2182064.jpg

くさり橋
d0163482_2144992.jpg

d0163482_2152051.jpg

d0163482_215575.jpg



以上、『ブダペスト旅行記 前編』でした。

後編ではクリスマス・マーケットなどもご紹介していきます。
お楽しみに♪
[PR]
by mpoo1123ex | 2010-12-25 08:00 | ハンガリー