旅の思い出、詰め合わせ。


by mpoo1123ex
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Voyage a Bordeaux 観光&グルメ

シャトー巡りがメインだった今回の旅。
観光はサクサクっとでしたが、せっかくなのでご紹介します。


まずはボルドー(Bordeaux)から。

ローマ時代から良港をもつ町として栄え、
18世紀にはワイン貿易のおかげで輝かしい時代を迎えたボルドー。
街には往時の繁栄ぶりを偲ばせる、古典様式の重厚な建築物が並びます。

コメディ広場
d0163482_3132333.jpg
ヨーロッパで一番長い歩行者天国 サント・カトリーヌ通り の終点にある広場。

その広場に建つのが大劇場
d0163482_3134949.jpg
パリのオペラ・ガルニエのモデルにもなった建物。
神殿をイメージした12本の柱が並び、その上に9人のミューズと3人の女神像が立っています。

カンコンス広場
d0163482_3135931.jpg
ジロンドの記念碑が建つ広大な広場。

記念碑の下には彫刻群のある噴水があります。
d0163482_3141199.jpg

街の中心部にはサンタンドレ大聖堂が建っています。
これは東隣に建つペイ・ベルラン塔
d0163482_3142178.jpg
塔の上からはボルドーの街並みが一望できるそうです。

街の北側を流れるガロンヌ川とドルドーニュ川が合流してジロンド川になります。
d0163482_314319.jpg
その上に架かるのがピエール橋

こちらはサン・ミッシェル教会
d0163482_3144999.jpg

絶好の青空に恵まれ、ボルドー散策を満喫!できました。
d0163482_317554.jpg



サンテミリオン(St. Emilion)散策の日は、あいにくの曇り空・・・
d0163482_315636.jpg
ボルドーから車で1時間ほど。
中世から“巡礼の街”として知られ、多くの人々が行き交う場所でした。

中世の面影を今も残す、絵のように美しい街並みは世界遺産にも登録されています。
d0163482_3152774.jpg
可愛らしい石畳の小道。
坂道は急で滑りやすく、登りきると ちょっと息が切れます。

丘の上に建つモノリス教会
d0163482_3153987.jpg
石灰岩をくりぬいて造られた教会だそうです。


ぶらぶらとショップ巡り♪

よく目にしたのが、ブドウの苗。
d0163482_3161299.jpg
ワインの生産地ならでは?!

日本の旅雑誌で紹介されたこともある、ワインショップ Ets. Martin
d0163482_3154886.jpg
無料で5本のワインをテイスティングさせてくれました。

お店の地下には高価なワインがたっくさん!
d0163482_316221.jpg
店員さんもフレンドリーで素敵な方でした。


ボルドーといえば、カヌレ! 
元々は修道院で生まれた、この地方の伝統菓子で
溝のあるカヌレ型を使うこと、蜜ろうを入れることが特徴です。

サンテミリオンにあったLe Canele de Bordeaux Lemoine でお土産に買いました。
d0163482_3162575.jpg
外は香ばしく中はモッチリ♪ とっても美味しかったです。


さてさて、女子旅行に欠かせないのは… 美味しい食事!

ボルドーならではのワインに合うお料理を食べよう!
と、地元でも人気のレストランに足を運んでみました。

あ、ここは例外。
初日の夜に ふらっと入ったレストラン、Le Pressior d'Argentです。
The Regent Grand Hotel Bordeauxに併設されています。
d0163482_3163638.jpg
盛り付けが素敵! お味もまぁまぁ。 
でもワインが… とっても残念でした。
保存方法が悪いのでは??という結論に。


こちらは「ソムリエのビストロ」という名前がついた Bistro du Somulier
d0163482_316487.jpg
店内はカジュアルな雰囲気。
地元の食材を使ったメニューが豊富で、ワインも手頃なものからそろっています。

d0163482_3165886.jpg
私はガスパチョと仔牛をいたきました。


La Tupina
d0163482_317995.jpg
街の中心から離れた場所にありますが、フランスの著名人にも知られたお店で
シラク前大統領も来店したことがあるそうです。

店内は家庭的な雰囲気。ギャルソンもポロシャツ姿というアットホームな感じです。
d0163482_3385514.jpg
店内には料理用の暖炉があり、薪が焚かれていて
そこでお肉や野菜が焼かれます。

お店ご自慢のお肉料理は絶品! 
d0163482_3172166.jpg
デザートのシャーベットも美味でした。


最終日のランチは、人気のリバーサイド・レストラン L'Estacadeへ。
d0163482_3173230.jpg
ガロンヌ川を挟んでボルドー中心部とは対岸にあり
街を川越しに見られる絶好の場所です。

料理はシンプルなものが中心。シーフード・メニューも豊富でした。
d0163482_3174361.jpg
窓際のお席で、素敵な景色を眺めながら楽しく食事ができました。


以上、ボルドー旅行記 『Voyage a Bordeaux』 でした。

女子3人の旅でしたが、お友達がレンタカーを運転してくれたおかげで
移動もスムーズにできて、充実した旅となりました。

ダンナくんとはきっと行くことがないであろう、「シャトー巡り」も体験できて
ご一緒してくれたお友達2人には感謝感謝!です。

ワインのことはいまだによく分かりませんが…
この旅を通じて少し興味が沸き、いろいろ知りたくなってきました♪
(帰ってからさっそく、ドラマ『神の雫』も見ちゃったし!)

[PR]
by mpoo1123ex | 2011-06-22 13:25 | フランス