旅の思い出、詰め合わせ。


by mpoo1123ex
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ギリシャ旅行記 vol.1 ~アテネ①


以前から心のどこかで憧れていた国、それはギリシャ。
なんだか神秘的だし、食べ物も美味しいってよく聞くし。

「いつか行きたい!」と思っていたら・・・ 
2010年の初めごろからギリシャの経済危機が表面化し
街なかでデモが起きたりして治安も悪化・・・
危険な国になってしまい、なかなか行けなくなってしまいました。

でも、今年になって少しずつ状況も落ち着いてきたようだし
旅行会社のツアーなら安心かな・・・ ってことで、ついに今年の夏
ギリシャの首都アテネとエーゲ海の島々を巡る旅に行ってきました。


まずはギリシャの基礎知識を。
ヨーロッパ南東部、バルカン半島南部の半島とエーゲ海などに点在する
大小約3,000もの島々から構成される国で、正式国名はギリシャ共和国。

古代文明発祥の地のひとつで、紀元前3000年ごろに開花したエーゲ文明、
ミケーネ文明を経て、都市国家(ポリス)を形成しました。

“神話の故郷”とも呼ばれるギリシャ。
神話と歴史が融合したような、貴重な遺跡群が数多く残っています。

またエーゲ海やイオニア海に浮かぶ数多くの島々は
世界中の多くの観光客を惹きつける楽園のようなリゾートです。


ということで、今回からギリシャ旅行をレポート!

vol.1とvol.2では最初に訪れた首都アテネを紹介します。
d0163482_2191786.jpg
アムステルダムのスキポール空港からは約3時間のフライトでした。

アテネはギリシャの全人口(約1113万人)の約3分の1(約319万人)が暮らす大都会。
政治、経済、文化の中心地です。


アテネといえば、見どころはやっぱり 街に点在する遺跡群。
いくつか紹介していきましょう。

こちらはゼウス神殿
d0163482_2194890.jpg

15本の柱がそびえ立つ神殿跡。
d0163482_2195941.jpg
かつては計104本の柱が並んでいたそうです。

こちらは倒れてブツ切り状態になってしまった柱。
d0163482_2201167.jpg
伊達巻みたい。(←食いしん坊的見解)

これはゼウス神殿の近くに建つアドリアノス門
d0163482_2202841.jpg
高さ約18m、幅13.5m。
大通り沿いにデ~ンと建っていて、かなり目を引きます。


そして、古代ギリシャ遺跡の王道ともいえるアクロポリス遺跡がこちら!
d0163482_2203959.jpg
アクロポリスとは「高い丘の上の都市」という意味。その名のとおり、岩山の上に残された神殿跡です。
2500年以上も前にポリス(都市国家)の聖域&要塞として建設されました。

これが“アテネの象徴”といも云われるパルテノン神殿
d0163482_2204789.jpg
横31m、縦70m。
15年の歳月を費やして、紀元前432年に完成しました。

パルテノン神殿は全体が彫刻像や浮き彫りなどで飾られた一大芸術品だったそうです。
d0163482_2205892.jpg
現在のパルテノン神殿に残された作品たちは模作で、
本物の彫刻やレリーフの一部はアクロポリス博物館やイギリスの大英博物館に保存されています。


こちらは王の館として建てられたエレクティオン
d0163482_221529.jpg
紀元前408年に完成したものだそうです。

建物の南側にはカリアティデスと呼ばれる6人の少女像が柱になった柱廊が張り出しています。
d0163482_2211929.jpg


現在も古典劇などが上演されるイロド・アティコス音楽堂
d0163482_2212672.jpg
観客席は6000ほど。
夏の間は演劇、コンサート、オペラ、古典劇などが上演されるそうです。


ギリシャ最古の劇場、ディオニソス劇場
d0163482_2214630.jpg
1万5000人の観客を収容できる大きな劇場。
酒と演劇の神ディオニソスの聖域に造られました。


高台にあるアクロポリスは眺めも最高!
d0163482_222051.jpg
アテネを一望できます。
奥に見えるのはリカヴィトスの丘

↑で紹介したゼウス神殿もバッチリ見えました。
d0163482_222828.jpg



さて、所変わって こちらは国立考古学博物館
d0163482_2221817.jpg
ギリシャが世界に誇る考古学博物館で
ギリシャ各地の遺跡からの出土品は、ほとんどがここに納められています。


収蔵された作品の有名どころや、個人的に気になったものをご紹介♪

「アガメムノンのマスク」
d0163482_2222533.jpg
ミケーネ遺跡から発掘された黄金のマスク。

同じ黄金マスクなら、個人的にこっちのほうが好き。
d0163482_2223610.jpg

金の装飾品がずら~っと並んでいました。
d0163482_2224396.jpg

瓶や壺
d0163482_2225392.jpg

陶器の人形
d0163482_2233045.jpg


こちらはケロス島で発見された
「フルートを吹く人物像」(左)と「竪琴を弾く人物像」(右)
d0163482_2234013.jpg


「スニオン岬のクーロス像」
d0163482_2354734.jpg

「ポセイドンのブロンズ像」
d0163482_236379.jpg
ギリシャ神話でお馴染みの海の神ポセイドンの像。

この女性の像、とても綺麗でした。
d0163482_224652.jpg

これは中国っぽい。
d0163482_237143.jpg

「アンティキセラの青年像」
d0163482_32392.jpg

「馬に乗る少年のブロンズ像」
d0163482_2244692.jpg
すごい躍動感。迫力がありました。

「ミロス島のポセイドン像」
d0163482_325944.jpg
「ミロのヴィーナス」で有名なミロス島で発見された作品。

「アフロディテとパンの像」
d0163482_225458.jpg
美と愛欲の女神アフロディテと牧神パン。真ん中にいる天使はエロス。
パンに言い寄られたアフロディテが左足のサンダルで叩こうとしている場面、、、だそうです。
パンさん、なんかイヤらしくて気持ち悪い。 叩いちゃえ、叩いちゃえ!


以上、国立考古学博物館でした。
芸術に興味のない私たちですが、それなりに楽しめました。
どれもこれも技術や芸術性が高くて、古代に造られたものとは思えません。すごいっ!


ちなみに・・・
撮影禁止だったので写真はありませんが、新アクロポリス博物館も良かったです。
パルテノン神殿のレリーフや彫像の一部が展示されています。


初回から長くなりましたが
『ギリシャ旅行記』vol.1はこのへんでおしまいです。

次回もアテネ編。 
ほかの観光スポットやグルメなどを紹介します。お楽しみに♪
[PR]
by mpoo1123ex | 2011-08-30 22:35 | ギリシャ