旅の思い出、詰め合わせ。


by mpoo1123ex
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

仏西バスク旅行記 vol.1 ~リヨン&リモージュ


仏西バスク旅行の関連記事はコチラで↓

アンドラという国
仏西バスク旅行記 vol.2 ~フランス・バスク
仏西バスク旅行記 vol.3 ~スペイン・バスク
仏西バスク旅行記 vol.4 ~サン・セバスチャン





なかなか書けずにいた『仏西バスク旅行記』、やっとスタートです!!
今年の旅行シーズンが始まる前に書いておかなくちゃね。

バスクを旅行したのは昨年(2011年)の夏。
お休みが2週間あったので前半はギリシャ旅行へ、
後半はバスク地方へ・・・ という2本立てを決行!

バスク地方とは、フランスとスペインにまたがる大西洋岸沿いのエリア。
d0163482_1832273.jpg

風光明美な地域であり、沿岸・内陸どちらの食材も豊富で
「食はバスクにあり」とも云われるほど、“食の都”として名高いところです。

バスクを旅した食通の友人たちも大絶賛!
口をそろえて「バスク最高!」と言うので、以前から気になっていました。

バスク名物のタパスやピンチョスは安くて絶品!
海岸沿いの都市が多く、景色も素晴らしい!

これは行くっきゃない! ということで
ギリシャから帰国した2日後に、バスクへ向けて出発♪

今回の旅は・・・ のんびり優雅なギリシャ旅行から一転!
我が家お得意の弾丸ドライブ・ツアー
8日間で約4,000kmを走るという、けっこうハードな旅になりました。

もちろん一気にバスクまで行き来できるはずもなく、
行きはリヨンアンドラで一泊ずつ
帰りはリモージュで一泊しました。


ということで今回は、『仏西バスク旅行記』の序章的な感じになりますが
途中で立ち寄ったフランスのリヨンリモージュをレポートします。


リヨン Lyon

ソーヌ川ローヌ川が合流するあたりにある都市。
観光スポットをサクサクっと紹介していきます。

これはソーヌ川にかかる橋。
d0163482_1833415.jpg

向こう岸が“歴史地区”として世界遺産にも登録されている旧市街です。
d0163482_18335280.jpg

市庁舎です。
d0163482_18341333.jpg

こっちはオペラ座です。
d0163482_18342298.jpg

フルヴィエールの丘にそびえ建つのはフルヴィエール大聖堂
d0163482_18335837.jpg

正式名称はノートルダム・ド・フルヴィエール・バジリカ大聖堂だそうです。
d0163482_18343748.jpg

d0163482_18344241.jpg

フルヴィエールの丘からの眺め
d0163482_18342824.jpg
新市街の近代的な街並みを一望できます。
ちょっと曇っていたのが残念でしたが・・・


リヨンは中世から「絹の町」として栄えた商業都市。
世界のグルメをうならせる美食レストランが点在することでも有名です。
d0163482_18345152.jpg

夕食時(20時ごろ)は、どのお店も大賑わい。
d0163482_18345659.jpg

なんとなく立ち寄ったビストロにて。
d0163482_1835618.jpg
安いのにボリューミー。味もちゃん~んと美味しかった♪

さすがは “美食の都” リヨン! という感じでした。


ちなみに、ウチからリヨンまでは約920kmの道のり。
リヨンの後はアンドラへ。そこは約680km。
アンドラからバスク地方へは約500kmでした。


リモージュ Limoge

名陶器“リモージュ焼き”で有名な都市。
画家ルノワールの出身地でもあります。

夕方に着いて、翌朝に出発、、、 という慌ただしい滞在でした。
あまり市内観光はできませんでしたが、こちらもサラッと紹介します。

ホテルの目の前にあったリモージュ・ベネディクタン駅
d0163482_18351255.jpg
ライトアップが綺麗だったので記念に一枚。

ヴィエンヌ川沿いに広がるシテ地区をそぞろ歩き。
d0163482_1835239.jpg

サンテティエンヌ大聖堂
d0163482_18353079.jpg

町の中心に建つサン・ピエール教会
d0163482_18354198.jpg

夕食は、めぼしいお店が見つけられなかったので
ホテルに併設されたレストランにて。
d0163482_18354848.jpg
なかなか美味しかったです。
期待してなかったのが良かったのかな? (←失礼)

滞在時間が短かったからしかたないけど・・・
あまり記憶に残らない町でした。 (「また行きたい!」ともあまり思えない)

ちなみに、バスク地方からリモージュまでは約550km
リモージュからウチまでは約900kmでした。


さてさて、いよいよ本題のバスクをご紹介♪

と、その前にバスク地方での滞在ホテルをご紹介。

フランス・バスクにもスペイン・バスクにも行きたかったので、
国境近くのスペインの都市 Usurbilにあるホテルに泊まりました。
サンセバスチャンから15kmほどの所です。
d0163482_1836081.jpg
Hotel Atexga

邸宅をホテルに改造したような3階建ての建物。
支配人がフレンドリーで陽気なアネゴで、すごく良い人でした。

夜遅く到着したので、外のレストランへ行く時間も気力もなく・・・
アネゴに相談したら、「ウチで食べなさいよ!」と屋根裏部屋へ招待してくれました。
d0163482_1836640.jpg

出してくれたのは家庭料理いろいろ。
d0163482_18361787.jpg
これがおいしかったんだよね~
アネゴの温かさと相まって、忘れられない味になりました。


ということで、次回から『仏西バスク』をたっぷりと紹介していきます。
まずはフランス・バスクから。 お楽しみに♪
[PR]
by mpoo1123ex | 2012-03-27 15:25 | フランス