旅の思い出、詰め合わせ。


by mpoo1123ex
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

仏西バスク旅行記 vol.2 ~フランス・バスク


『仏西バスク旅行記』 vol.2フランス・バスク編です。
バスク地方の3都市を巡りました。


バイヨンヌ Bayonne

フランス・バスク最大の街。
アドゥール川ニーヴ川の合流点に築かれた古い町です。

アドゥール川に架かるサンテプリス橋
d0163482_18384352.jpg

橋をバックにビーグルズの記念写真♪
d0163482_18385239.jpg

川の近くに建つゴージャスな建物は市庁舎です。
d0163482_1839282.jpg

バイヨンヌの旧市街
d0163482_1839858.jpg
バスク自治州の旗にちなんだ赤と緑の小旗があちらこちらに。

街のシンボル サント・マリー大聖堂
d0163482_18391772.jpg

街歩きを終え、バスク料理が食べられるカフェでランチ♪
d0163482_18392159.jpg
バスク産のポーク・ソテー(上)とビーフ・ソテー(下)
付け合わせはフリッツ(フライドポテト)とバスク名物の羊のチーズでした。

どちらもお肉がやわらかくて美味しかった!
10ユーロ程度のランチ・メニューだったけど、お腹一杯になりました。

ちなみに、バイヨンヌの名物といえば生ハム!
さまざまな香料を加えて熟成させた本場の生ハムは最高の味! だそうです。

生ハム屋さんがあちこちにあり、お土産に買って帰りたかったのですが・・・
旅の途中だったし、真夏だったので、味の劣化が心配で断念しました。今も心残りです。


でも、もう1つのお目当ては堪能してきましたよ♪

フランス・バスクはフランスのチョコレート文化の発祥の地。
なかでも、バイヨンヌにはショコラティエの老舗が数多くあります。

なかでも、私が気になっていたのがこれ!
d0163482_18393083.jpg
ショコラ・ムソー。

カスナーヴ Cazenave というお店のオリジナルで
ふわふわに泡立てられたココア・ドリンクです。
d0163482_18393460.jpg
上品な甘さでおいしいよー!
ぜひお試しあれ♪


ビアリッツ Biaritz

かつて、王侯貴族の保養地として名声を誇った街。
今も大西洋岸最大のリゾート地として活気があります。

夏は海水浴客で大賑わい。
d0163482_18394485.jpg

フランスにおけるサーフィンのメッカで、大波と岩が特徴のビーチ。
d0163482_18394862.jpg

歴史を持つ高級リゾート地らしく、ゴージャスな建物があちこちに。
d0163482_1839572.jpg

大きな岩に架けられた遊歩道もユニーク。
d0163482_1840258.jpg

岬の突端に見えるのは・・・
d0163482_18401188.jpg

白いマリア像が立つ処女の岩
d0163482_18403467.jpg
街の平和を祈ってビアリッツの海を見守っているそうです。


サンジャン・ドゥ・リュズ St. Jean-de Luz

カジュアルで可愛らしい、小さな港町。

街一番の目抜き通り ガンベッタ通り
d0163482_18404294.jpg
たくさんの観光客で賑わっていました。

この日のランチは・・・
d0163482_18411520.jpg
イカのフリッター、生ハム、鴨のコンフィ、ムール貝のワイン蒸し

バスクのレストランやビストロは、どこも安くてボリューミー♪
もちろん味も言うことなし! さすがは“食の都”です!!

さて、こちらは街一番の人気店 バイヨナ Bayona
d0163482_18405432.jpg
エスパドーリュという、ジュート麻を使ったバスクの日常靴のお店。
今では世界的に人気のエスパドーリュは、サン・ジャン・ドゥ・リュズが発祥。
始めは船乗りの靴だったそうです。

お店の目印は、巨大なエスパドーリュ。
d0163482_18405935.jpg

私も自分用に一足買いました。
d0163482_19393427.jpg
色づかいがバスクっぽくてお気に入り♪

サン・ジャン・ドゥ・リュズは「バスク織り」の本場としても有名です。
バスクの7つの地方を現した7色使いの生地がバスク織りの典型的なもの。
このバスク織りで作られたリネンや小物は、お土産として人気だそうです。

キッチン用品店で買ったショッピングバッグは・・・
d0163482_19394549.jpg
バスクっぽいデザインが気に入って買いました。
マジックテープで口を閉められるので、保冷や保温ができて機能的!

たくさんのお店が軒を連ねるサン・ジャン・ドゥ・リュズは
お土産を買うには、もってこいの街です。

我が家が友人・知人向けに購入したお土産は・・・
d0163482_19395165.jpg
la belle-iloiseの缶詰。
美味しいし日持ちもするからGood!です。
サン・ジャン・ドゥ・リュズの支店は品数も豊富でしたよ。

これはバスク名物のボデガ Bodega グラス。
d0163482_194016.jpg
安定感のある寸胴のグラス。
レストランでもバルでも、
チャコリ(発泡ワイン)やワイン、お水もこのグラスで出されます。

1ダースで10ユーロと超お買い得だったので購入♪
半分はお友達に配り、半分は自分用。
デザート用の器にも丁度良く、かなり活躍しています。


以上、『仏西バスク旅行記 vol.2フランス・バスク編でした。
次回は、スペイン・バスクの都市を紹介していきます♪


アンドラという国
仏西バスク旅行記 vol.1 ~リヨン&リモージュ
仏西バスク旅行記 vol.3 ~スペイン・バスク
仏西バスク旅行記 vol.4 ~サン・セバスチャン
[PR]
by mpoo1123ex | 2012-04-02 17:00 | フランス