旅の思い出、詰め合わせ。


by mpoo1123ex
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

仏西バスク旅行記 vol.4 ~サン・セバスチャン


仏西バスク旅行記』 最終回のvol.4
スペイン・バスクのサン・セバスチャン
今回の旅の目玉! バル巡り をレポートします。


サン・セバスチャン San Sebastian

“ビスケー湾の真珠”と呼ばれる美しい町。
19世紀にはハプスブルク家王妃マリア・クリスティーナが好んだ高級避暑地として
その名を知られるようになりました。

2つの丘に挟まれて扇状に広がるコンチャ海岸 Playa de la Concha
d0163482_19461247.jpg
コンチャ Concha とはスペイン語で「貝殻」の意味だそうです。
写真奥に見えているのはモンテ・イゲルドの丘

こちらは、もう1つの丘 モンテ・ウルグル
d0163482_19463749.jpg
頂上にはキリスト像がそびえるモタ城があります。

美しいビーチは海水浴客で大賑わい。
d0163482_19462542.jpg
心なしか・・・ イケメン揃い^^で、目の保養になりました♪

砂浜に沿って続く気持ちの良い遊歩道をビーグルズと一緒にお散歩。
d0163482_17491229.jpg

町の北東の漁港近くから坂を登り
d0163482_19465342.jpg

20分ほど歩くと、モンテ・ウルグルの丘に到着。
d0163482_19464318.jpg

モタ城の上にそびえるキリスト像は高さ10m。
d0163482_1947141.jpg

城からはサン・セバスチャンの港と町が一望できます。
d0163482_19471248.jpg

反対側のモンテ・イゲルドの丘も見えました。
d0163482_17512558.jpg


丘を下りて、街歩き♪

ビーチ近くに建つのは市庁舎
d0163482_1815254.jpg
かつてはカジノとして使用されていたという、ゴージャスな建物です。

サン・セバスチャンにはウルメア川が南北に流れています。
d0163482_17553351.jpg
その川に架かる橋の上での1枚。

旧市街に入ると まず目に入るのは
一際高くそびえ立つサン・ヴィンセンテ教会
d0163482_19471888.jpg

こちらはサンタ・マリア教会です。
d0163482_1759563.jpg

なんだかセクシー?!なサン・セバスチャン像が気になります。
d0163482_181115.jpg


夜も更けて・・・夜のコンチャ海岸は美しいネオンで彩られていました。
d0163482_19515526.jpg

モンテ・ウルグルキリスト像もライトアップ。
d0163482_1952583.jpg
手前に見えるのは市庁舎です。


さてさて、サン・セバスチャンといえば・・・ バルの軒数が多いこととで有名です。
バルとは、種類豊富な小皿料理を安く気軽に味わえる「立ち飲みバー」のこと。

南スペインで「タパス」と呼ばれる小皿料理は、バスクでは「ピンチョス」と言います。
ピンチョスは、さまざまな具を串に刺したり薄切りパンの上に盛り合わせたものが主流。
バルでは、カウンターにズラリと並んだピンチョスから好きなものを選んで食べていきます。

ピンチョス発祥の地でもあるサン・セバスチャンのピンチョスは“スペイン一”と謳われるほど。
海に面しているので魚介類が豊富で、特にウナギの稚魚や毛ガニなどが名物です。

地元の人から観光客まで、バルをはしごしながら飲み&食べ歩く人々で
街は夕方から深夜まで大賑わいを見せます。
d0163482_19473099.jpg
バルが密集する旧市街界隈。

夜が更けていくほど、人出も多くなっていきます。
d0163482_19473527.jpg


というわけで、私たちもバスク料理の真髄を極めるべく・・・
バル巡りに繰り出しました♪

ここで肝心なのは・・・ 一軒でお腹いっぱい食べないこと。
バルは「はしご」が常識!

一軒でお酒を一杯とピンチョスを2~3種つまんだら、次の店へ・・・
と、一晩で何軒も巡るのがバルの楽しみ方なのです♪


さぁ、バル巡りへ! いざ、出発♪

Goiz-Argi
d0163482_19475815.jpg
最も人気のあるバルの1つ。「すべて手作り」が売りです。

一番人気の「海老の串焼き」は絶品!
d0163482_1948280.jpg
あまりの美味しさに、2晩連続で通っちゃいました。

「マッシュルームのベーコン巻」
d0163482_19481274.jpg
鉄板で焼いたマッシュルームがおいしかった~

La Cuchara de San Telmo
d0163482_19485351.jpg
「レストランの味」がコンセプトの質の高いピンチョスが食べられるバル。

「イベリコ豚のアバラ肉の照り焼き」は、じっくり煮込んだお肉がホロホロ~
d0163482_194939.jpg

不思議な食感の「イカのリゾット」
d0163482_19491387.jpg

表面をカリッと焼いた「フォアグラのソテー」
d0163482_1949254.jpg
なるほど、どれも盛り付けが凝っていますね~

Gambara
d0163482_19493626.jpg
こちらも超人気店。タルトやパイなど温かいピンチョスも豊富です。

写真を撮るのも忘れてしまうほど美味しかった!?
「チャングロ蟹のタルト」
d0163482_19494650.jpg
まじでマイウ~

海老がプリプリだった「海老と玉子サラダ」
d0163482_19495134.jpg


Bar Tamboril
d0163482_19502036.jpg
40種類のピンチョスが並ぶ人気店。

絶妙!な組み合わせの「アンチョビと青唐辛子」
d0163482_19502724.jpg
アンチョビが美味でした~
バスク特産の細い青唐辛子もおいしくて気に入りました。

Casa Tiburcio
d0163482_19505120.jpg
とっても賑わっていたので、思わず立ち寄ってしまったお店。

店内は大混雑で、カウンターまでが遠い・・・
d0163482_1950582.jpg

なんとか前に進み出て、選んだのがこちらの2種。
「アンチョビと青唐辛子」(また選んじゃった・・・ かなり好きです)と
バスク名物の「アングラース(ウナギの稚魚)」
d0163482_19511593.jpg
アングラースは不思議な食感でした。


バル巡り、めちゃめちゃ楽しかった~
ちょっとずつ、いろんな料理を食べられるのが最高です。
それぞれのバルごとに、店の雰囲気が違うのも面白かった。

「すごいなぁ」と思ったのは、ほとんどのお店が支払いは自己申告制なこと。
前払いではなく、食べ終わった後に自分が何を食べたかを店員に言って代金を払います。

店内はどこも大混雑だし、「食い逃げ」する人もいるかもしれないけど…
特にイザコザなどはなさそうで、みんなが楽しく食べて飲んでいるのが素敵でした。

バルには、お店とお客の信頼関係が根づいている感じがします。
だから、どこのお店も明るくて雰囲気がいいんだろうなぁ。


以上、『仏西バスク旅行記』 またの名を『バスク食い倒れ旅行記」でした。
いやぁ~、食べた 飲んだ。 楽しかったなぁ~

バスク最高!!!です。 また行きた~い。


仏西バスク旅行の関連記事はコチラで↓

アンドラという国
仏西バスク旅行記 vol.1 ~リヨン&リモージュ
仏西バスク旅行記 vol.2 ~フランス・バスク
仏西バスク旅行記 vol.3 ~スペイン・バスク
[PR]
by mpoo1123ex | 2012-04-04 22:10 | スペイン