旅の思い出、詰め合わせ。


by mpoo1123ex
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

憧れのアンダルシアへ② コルドバ編


『アンダルシア旅行記』 2回目は
アンダルシア第3の都市、コルドバ(Cordoba)編です。

セビリアのホテルから車で向かう途中
アンダルシアのシンボル、Toro(闘牛)の看板にあちこちで迎えられました。
d0163482_1526858.jpg
かっけえぇ~!


そして、コルドバに到着。
d0163482_15261668.jpg
グアダルキビル川の右岸にたたずむ町です。

川に掛けられたローマ橋の入り口。
d0163482_1526193.jpg

橋からの眺め。
d0163482_15262679.jpg
静かで壮大な川ですな。


橋を渡ったところにはカラオーラの塔(Torre de la Calahorra)が。
d0163482_15262985.jpg
ローマ橋を守るために築かれた要塞。現在は博物館として公開されています。


迷路のような細い小路が入り組んだユダヤ人街(La Juderia)へ。

花や草木などをモチーフにしたセビリア焼のプレート。
d0163482_15263780.jpg
華やかで、インテリアのアクセントになりそう。 買わなかったけど。

我が家が買っちゃったのはこっち。
d0163482_1526422.jpg
アルファベットが印字されたタイル。
フレームも購入して、玄関のネームプレートにしています。


こちらはユダヤ人街で一番人気の 花の小道(Calleja de las Flores)
d0163482_15265041.jpg



ランチには、またまたタパス。
d0163482_15265550.jpg
スペイン風オムレツ、コルドバ名物、牛テールの煮込み(Rabo de Torro)
タラのスリ身のフライ、オニオンリング、ガスパチョ


腹ごしらえの後に向かったのは…
d0163482_152721.jpg
コルドバのシンボル、メスキータ(Mesquita)
これはミナレットと呼ばれる尖塔です。

オレンジの木が植えられた中庭。
d0163482_1527575.jpg

建物内部へ。
d0163482_1527157.jpg
イスラム教とキリスト教の美の融合。
建物の大きさは幅約130m、奥行約180m。
一度に約2万5000人の信者を収容できたそうです。

キリスト教の聖堂からイスラム教のモスクへ、そして再びキリスト教の聖堂に。
イスラム教とキリスト教が共存する偉大な聖堂です。
d0163482_15273674.jpg
これはキリスト教の祭壇。

パイプオルガンは 迫力の大きさ!
d0163482_1527478.jpg


そして、メスキータの目玉の一つがこの「円柱の森」
d0163482_1528018.jpg
約850本の円柱が続く広場。

かつては1000本以上の柱があったそうです。
d0163482_1528654.jpg
とても印象的なインテリアでした。

さらに、もう一つ印象に残ったのがこちら。
d0163482_15281660.jpg
フロアに映し出された七色の光。

建物上部のステンドグラスに、うまい具合に太陽の光が差し込み…
d0163482_15282132.jpg

とても美しいスポットライトができるのです。
d0163482_15283665.jpg
こんな、優しく温かい光にも心を奪われました。

ここメスキータも、世界遺産に登録されています。


以上、『アンダルシア旅行記』 コルドバ編でした。

次回はグラナダ編です。 お楽しみに♪
[PR]
by mpoo1123ex | 2013-02-07 12:00 | スペイン