旅の思い出、詰め合わせ。


by mpoo1123ex
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:オランダ( 46 )


ヨーロッパの国々にある数々の世界遺産。
息をのむほど素晴らしいものもあれば
失礼ながら… 「どうしてこれが?」と思うものもあったり。

オランダに駐在し始めた頃は、世界遺産を見るとトキメいていましたが
いくつも見ているうちに、ちょっとやそっとじゃトキメかなくなってしまい
せっかく見に行っても、あまり記憶に残らなかった、、、ということもしばしば。


と、贅沢で罰当たりなことをほざいている芸術音痴な私の
お気に入りの世界遺産はズバリ!
リートフェルト・シュローダー邸です。
※「シュレーダー」と表記されることもあります。
d0163482_12204261.jpg
ユトレヒト郊外の住宅街に立つ一戸建てのお家。

このシュローダー邸は1924年にオランダ人建築家ヘリット・リートフェルトが
未亡人トゥールス・シュローダー=シュラーダーと子供たちのために設計した邸宅。
シュローダー夫人は1985年に亡くなるまで、ここで暮らしていたそうです。


2000年にユネスコの世界遺産に登録されました。
d0163482_1221594.jpg
その理由は、人間の創造力が生み出した傑作であること、
西洋建築の歴史上の重要かつユニークな象徴であること、だそうです。


独創的な工夫が随所に散りばめられたシュローダー邸。
日本の「忍者屋敷」や「からくり屋敷」のように
あちこちに様々な仕掛けが施されていて、遊び心満載♪

斬新なアイディアで空間を操り、どんなスペースも有効活用。
すべてが機能的で無駄がない。
今 見ても、十分にモダンでオシャレな建物です。

また、建物内部の色使いも特徴的。 赤・青・黄・白・黒・グレーが
それぞれの色の持つ力や効用で合理的に使い分けられています。


邸宅内は撮影禁止のため写真はありませんが
チケットオフィスに模型があったので撮ってみました。
d0163482_12212629.jpg

実物は80坪ほどの敷地に建つ二階建てです。

私が特に気に入ったのは2階のオープンスペース。
可動型かつ収納可能な間仕切りで
リビングと子供部屋を仕切ったり、フルオープンにしたり、
自由自在なパーテーションが画期的!でした。

また、大きな窓や天窓から光をたくさん取り込めるのも魅力的♪
ただ残念なことに・・・ 家の前に大きな高速道路が作られてしまったため
見晴らしがあまりよくなくなってしまいましたが。


邸宅内に置かれた家具も興味深いものばかりでした。
元々は家具職人だったリートフェルトの作品たちです。

直線、原色、白と黒、というエレメントによる構図が特徴の
デ・ステイル派(新造形主義)に傾倒したリートフェルト。
原色と線と面にこだわった構成の「赤と青の椅子」や
「ジグザグ・チェア」などを発表しました。
d0163482_12212166.jpg

d0163482_12215468.jpg
 ※どちらも模型です。実物は邸宅内で見られます。


これらの家具の造形原理を発展させ設計されたのがシュローダー邸であり
現代建築に多大な影響をもたらした、と称賛されています。
d0163482_1221513.jpg
私も、こんな家に住んでみたいなぁ~


好き嫌いはあるかもしれませんが…
私はかなり気に入りました。 私の『好きな世界遺産ベスト3』に入ります。

ってことで、オススメです♪


見学は予約制です。 詳しくは公式サイト(英語)で。
[PR]
by mpoo1123ex | 2012-11-26 15:20 | オランダ

キューケンホフ 2012


今年も行ってきました、キューケンホフ
d0163482_349597.jpg

今回で通算7回目!
d0163482_350208.jpg

私もダンナくんもビーグルズも(?)
ココに来るのを毎年楽しみにしています。
d0163482_3503781.jpg

この日は あいにくの曇り空でしたが…
d0163482_3505389.jpg

綺麗な花々を思う存分 愛でることができました♪
d0163482_3511321.jpg


今年のテーマ国はポーランド。
d0163482_3514434.jpg

これは、ポーランド出身のショパンを模った花の絵です。
d0163482_352489.jpg

もうすぐ開幕する今年のEUROカップは
ポーランドとウクライナが共同開催国ですね。
d0163482_3522840.jpg

ん? これは “辰年”にちなんだドラゴンかな?
d0163482_3525248.jpg


キューケンホフに来ると、いつも写真を撮り過ぎてしまいます。
だって、どの花見ても綺麗なんだもん♪
d0163482_3533020.jpg
d0163482_3534076.jpg
d0163482_3535043.jpg
d0163482_354150.jpg
d0163482_354145.jpg


毎年楽しみにしている “花の川”
d0163482_3544144.jpg
今年も素晴らしかったです!

2色のムスカリ、可愛いなぁ。
d0163482_355220.jpg


ヒヤシンスも見事でした。
d0163482_3552421.jpg
d0163482_35536100.jpg


スイセンも立派!
d0163482_3555699.jpg


でも、なんといってもチューリップですよね♪
d0163482_3561748.jpg
d0163482_3563134.jpg


今回の私のお気に入りはこれ!
d0163482_356578.jpg
カンパリオレンジみたい。


ビーグルズも楽しんでいたようです。
d0163482_3573223.jpg

彼らの目線から見たチューリップは
こんな感じかな? (ダンナくん撮影)
d0163482_3574922.jpg


オランダの春はいいね〜
d0163482_358873.jpg
キューケンホフ、今年も来られてよかったね♪
[PR]
by mpoo1123ex | 2012-04-27 08:00 | オランダ

春の訪れ


風は冷たく、気温もまだ10℃未満だけど
陽だまりはポカポカで、すっかり春めいてきたオランダです。

先週土曜日は青空が広がり

絶好のサイクリング日和でした。


まず向かったのは
クロッカスが植えられている並木道。


今年も元気に咲き始めました!


“春を告げる花”と呼ばれるクロッカス。

これを見ると、春の訪れを実感できます。


その後は川沿いのサイクリングロードへ。

暖かな日差しがとっても気持ちいい♪

サイクリングやウォーキング、
乗馬を楽しむ人など、たくさんの人々とすれ違いました。



草を食む羊たちとも遭遇


キミたち、そろそろ毛刈りのシーズンだねぇ



軽快に自転車を漕ぎながら
ふと川に目を向けると…

カップルで泳ぐオオバンを発見!


皆さんは、オオバンの「集団お見合い」を見たことがありますか?

毎年、2月中旬〜下旬ごろに
大勢のオオバンたちがこんなふうに集まって
ガーガーと「大合コン」をやっています。

キミたちも、そんな中から
縁があって結ばれたんだね〜

本格的な春に向けて、子作りがんばって!
可愛い雛をたくさん産んでね♪ 


春の訪れ
をあちこちで感じることができた
楽しいサイクリングでした。


大好きなオランダの春。
はやく到来してほしい。待ち遠しいです♪
[PR]
by mpoo1123ex | 2012-02-27 08:25 | オランダ

ライデン散策

ライデン散策してきました♪



何度か訪れたことのあるライデンですが
街なかをゆっくり歩くのは初めて。



運河と川に囲まれたオランダらしい風景を眺めながら ぶ〜らぶ〜ら。


途中でシンタクラースの一団に遭遇。



このシンタクラースとは、オランダではサンタクロースよりも人気者。

本名は聖ニコラウスという聖人で
毎年11月中旬にズワルトピートと呼ばれる従者を引き連れて
スペインからオランダへ蒸気船でやって来ます。

サンタクロースと同じように、子供たちにプレゼント配り歩くのがお仕事。
でも靴下ではなく、靴の中にプレゼントを入れていきます。

だから、靴と一緒にパレードというワケ。




シンタクラースのお帰りは12月5日12月6日
この日
前日の5日は「シンタクラースの日」と呼ばれていて
子供たちがお目当てのプレゼントをもらえる日だそうです。
※訂正しました。


でも悪い子は麻袋に入れられて
スペインに連れて行かれちゃうんだって。

そうならないように、シンタがオランダに居る間は
みんな良い子だそうです。

オランダ人の子供たちって素直で可愛いですね。

今年もあと少しでシンタさんが帰っちゃうぞ!
みんな、良い子でガンバレー!!


さて、こちらは ちょっとオサレなショコラティエ
Chocolaterie Atelier Alexandre


シーボルトハウスの隣りのアトリエで特別販売されていました。
(お店はHaarlemmerwegにあるようです)

フレーバーはバニラ、キャラメル、ミント、紅茶、コーヒー、
ウォッカ、ワインなどなど、いろいろありました。

チェリー味のマシュマロも。

フレンドリーな店員さんが次から次へと試食させてくれました。
白ワインがおいしかったな。

気に入ったのでお買い上げ。


見た目も可愛いし、プレゼントにも喜ばれそう。

これは自分用だけどね。



最後は、通称“シカ公園のカフェ”へ。

前回
と同じく、アップルタルトとチョコトリュフタルトをいただきました。


シカさんたちとも御挨拶♪


可愛いね〜


立派な角のシカくんを発見!

キミのツノ、マイタケみたいだね〜

「なんだとー!」

※ほんとは下を向いてるだけです。



ライデン、なかなか素敵な街でした。
の〜んびり、ぶ〜らぶら できて楽しいですよ。



<おまけ>


1本だけ、綺麗に紅葉していた木。

ダンナくん撮影。本人お気に入りの1枚です。
[PR]
by mpoo1123ex | 2011-12-01 15:30 | オランダ
毎年 期間限定で開催される(今年は11/23〜27)
デ・ハール城のカントリー&クリスマスフェア
へ行ってきました!


デ・ハール城(Kasteel De Haar)
はユトレヒト郊外に建つ可愛らしいお城で
オランダで最も人気の高い歴史的建築物の1つだそうです。

こちらは お城の門。

おとぎ話に出てくるような可愛らしさでしょ。


このカントリー&クリスマスフェア、毎年開催される人気イベントなのですが
開催期間が5日間と短いため、いつもタイミングを逃して行きそびれていたんです。

在蘭4年目にして、やっと行くことができました♪

天気も良くて暖かったので、絶好のフェア日和でしたよ。

入口を入るとブースやテントがずらーっと立ち並んでいます。
出店数は200以上!

ギフト、小物、雑貨、ファッション、アンティーク、フード、お菓子、
アクセサリー、キャンドル、ソープ、クリスマスグッズなどなど
ありとあらゆる商品が並んでいて、かなり見ごたえがあります。

ドイツのクリスマス・マーケットとは雰囲気も品揃えも違い
こちらのほうが お洒落で洗練された感じでした。


(ついでに)デ・ハール城もパチリ




私たちは4時間ぐらいブラブラしたのですが
ぜんぜん時間が足りませんでした!!

まだまだ見たいお店があったけど… 後ろ髪を引かれる思いで帰路に。

帰るころには日も暮れて真っ暗でした。


今回の一番の戦利品はこちら!

ダンディなワンコたちが描かれた抱き枕。
お友達が見つけてくれました♪

このビーグル、かなりツボです。

シャーロック・ホームズみたいでしょ?
一目惚れして即買いでした。

キミたちも気に入ってくれた?

「まあまあ」


とっても楽しいデ・ハール城のカントリー&クリスマスフェア!
かなりオススメです。

まだ行ったことのない方は、ぜひぜひ週末にレッツラGO!
[PR]
by mpoo1123ex | 2011-11-25 11:10 | オランダ

Artis動物園 vol.3


アムステルダムの動物園 Natura Artis Magistra
動物たちを紹介するシリーズの第3弾

vol.1 vol.2 も見てね♪


それではさっそく、最終回もはりきっていってみよ!


ゴリラ


「うぃ〜っす」とか言いそうな
いかりや長介さん似のゴリラさん。
d0163482_212769.jpg
ニヒルに微笑んでらっしゃるそのワケは?

大好きなブロッコリーを食べていたから。
d0163482_2122067.jpg
わりと上品に食べるんですね。

後ろ姿も素敵でした。
d0163482_2124340.jpg



ゾウ


動物園の人気者。たくさんの見学客が群がっていました。
d0163482_213089.jpg

その理由の1つはこれ!
6月18日に生まれたばかりのMumbaちゃん。
d0163482_2132233.jpg
お母さんにベッタリの甘えたさんです。

まだ産毛がホワホワしてる!
d0163482_2133389.jpg

何をやっても可愛かったです。
d0163482_2135326.jpg


クロザル


インドネシアのスラウェシ島に生息するサル。
d0163482_2141243.jpg
なんだか、たそがれてますね〜

顔も身体も真っ黒ですが、お尻だけはピンク色。
d0163482_2142699.jpg
ちょっとグロイ。


アライグマ


可愛いお顔。ラスカルを思い出します。
d0163482_2144239.jpg

夜行性だそうで、寝ている子が多かったです。
d0163482_215119.jpg


リカオン


アフリカのサハラ砂漠に生息する野生犬。
d0163482_2151741.jpg
ちょっとハイエナに似てますね。
なんだかヤンキーっぽい目つき。


クロヒョウ


凛々しいお顔が素敵。
d0163482_215333.jpg
かなりイケメンでした。


ライオン


オスのライオン。
d0163482_2163119.jpg

勇ましいですね。
d0163482_2164668.jpg

それに比べて、このライオンは・・・
d0163482_217520.jpg

グースカとよく寝ていました。
d0163482_2171868.jpg
寝顔が可愛いすぎる。


ワシ


得意げに羽を広げてました。自慢かよ?
d0163482_2173723.jpg


ヨーロッパバイソン


巨体ながらも天使のようなスマイル。
d0163482_2175297.jpg
癒やされました。




名前を見るのを忘れてしまったけど・・・ たぶん猿の一種。
d0163482_2181366.jpg
右の2匹は・・・

兄弟げんか中?
d0163482_218286.jpg
チョッカイを出し合っていました。

目がちょっと怖いけど
d0163482_2184380.jpg
なかなか可愛いらしい奴らでした。


ゾウガメ


岩みたいに超巨大!
d0163482_219596.jpg
体重は160〜250kgもあるそうですよ。


キアシガメ


足が黄色いのでキアシガメ。
d0163482_2192219.jpg
でも引っ込んじゃったので見えず。残念!


ワニ


置物のように身動き1つしませんでした。
d0163482_21938100.jpg

イカツイ顔で何を考えているのかなぁ。
d0163482_2195494.jpg


以上、『Artis動物園』 vol.3 でした。

まだまだ紹介したい写真がありますが
このへんでおしまいにしておきます。

思っていた以上にたくさんの動物たちがいて
かな〜り楽しめました。

動物園内にはほかにもプラネタリウムがあったり
熱帯魚がいる水族館や蝶がヒラヒラ飛んでるビニールハウスなどもあります。

それから、剥製の動物たちが集められた博物館もオススメです。
そんじょそこらの「お化け屋敷」よりも怖いですよ。

入場料が ちと高いよね〜 (大人:18.95ユーロ/人)
[PR]
by mpoo1123ex | 2011-07-16 23:00 | オランダ

Artis動物園 vol.2


アムステルダムの動物園 Natura Artis Magistra
動物たちを紹介するシリーズの第2弾です。

まだ vol.1 を見てない方はコチラで。
 


さっそく動物たちを紹介していきます!


Inca Kakatoe


綺麗なピンク色のインコ。
d0163482_20512117.jpg
なんだかイチャイチャしてるな〜と見ていたら・・・

エサを取り合っているところでした。
d0163482_20513669.jpg
なんかエグいわぁ。肉食獣って感じ。


ペンギン


小さなペンギンがたっくさんいました。
d0163482_20515314.jpg

可愛い子発見♪
d0163482_2052552.jpg
ボーっと突っ立ってる姿に萌えました。


ニルガイ


インド半島原産のウシ科の動物。
d0163482_20522429.jpg
シカっぽいけどウシの仲間なんですね。


アクシスジカ


インドやスリランカに生息するシカ。
d0163482_20524151.jpg
身体全体に白い斑点があってニホンジカに似ているけど
顔はやっぱりインド系(?)。


アルパカ


会いたかったよー、アルパカちゃん!
d0163482_2053084.jpg
でも毛を刈られたばかりで、イメージと違うわぁ。
もっとホワホワでモフモフな姿が見たかったな。
(手前に写り込んでるのは・・・ ラクダのウケ口です。笑える。)
 


Brilbeer


クマの一種だと思います。でもちょっと小柄。
d0163482_20531659.jpg

顔の模様が独特ね。
d0163482_20533429.jpg


マントヒヒ


出ました、マントヒヒ!
d0163482_20535387.jpg

実は賢いらしけど・・・ そうは見えない。
d0163482_2054663.jpg

すんごい顔でアクビしてるし。
d0163482_20542078.jpg


カリフォルニアアシカ


太平洋に住むアシカの一種。
d0163482_20544629.jpg

お母さんと子供の ほのぼのショット♪
d0163482_2055012.jpg

実は、お乳をあげているところでした。
d0163482_20551640.jpg

こちらは別の親子。
d0163482_205532100.jpg

仔アシカちゃん。ロボットみたい。
d0163482_20555347.jpg


Algazel


細くて長〜い角を持つ動物。
d0163482_20561135.jpg

人の良さそ〜なお顔ですね。
d0163482_2056342.jpg
それにしても・・・ 角が邪魔そうですな。


シマウマ


目がチカチカするー
d0163482_20565753.jpg
 

キリン


ワタクシ、キリンが大好きなんです!
d0163482_20572145.jpg

この優しそうなお顔。癒される〜
d0163482_20573553.jpg

仲良く水を飲む3頭の後ろ姿。
d0163482_20575267.jpg
なんかイイでしょ?


オオカミ


わ〜い♪ 私が一番見たかったオオカミだ!
d0163482_20581250.jpg
3頭もいるよっ!

これは仔オオカミちゃん。
d0163482_20583179.jpg
まるっきり犬に見えますね。「お手」とかしてくれそう。

大人のオオカミはやっぱり迫力があるなぁ。
d0163482_20584871.jpg

いやぁ、ほんとにカッコいい!
d0163482_2059336.jpg
ますます惚れました。


以上、『Artis動物園』 vol.2 でした。

次回は お待ちかね(?)のゴリラやゾウ、
ヒョウやライオンが登場します。

お楽しみに♪
[PR]
by mpoo1123ex | 2011-07-15 23:00 | オランダ

Artis動物園 vol.1

動物大好き!なダンナくんと私。

ずっと前から気になっていたアムステルダムの動物園
Natura Artis Magistra
へ行ってきました♪

可愛い動物たちに大興奮!
で、気がつけば400枚以上も写真を撮っていた…

ということで、今回から3回に分けて
動物たちの写真を紹介していきたいと思います♪

日本語名がわからない動物はそのままオランダ語で。
生態や特徴などのウンチクは省きますので、あしからず。



ラクダ

園内で見かけたのはフタコブラクダのみ
d0163482_20361690.jpg

この顔! たまりません。
d0163482_20363579.jpg
ウケ口が可愛い。志村けん ばりに「アイ〜ン」とか言ってそう。

このポーズ、ワンコみたい。
d0163482_20364937.jpg
コブって曲がるんですね〜 知らなかった。


Watoessirund

水牛の一種だと思います。
d0163482_2037870.jpg
どこからが角? 頭と角が繋がって見えます。 
スターウォーズのクイーン・アミダラみたい。


フラミンゴ

綺麗なピンク色。
d0163482_20373041.jpg
脚がほっそ〜い。

水面に姿が映って素敵でした。
d0163482_20375477.jpg


サル

ニホンザルっぽいけど違うのかな?
d0163482_20381520.jpg
d0163482_20382554.jpg

ヤンチャに遊んでました。
d0163482_20384566.jpg

d0163482_20385547.jpg
人間の子供みたい。


ビクーニャ

南アメリカ大陸のアンデス地方に生息する草食動物。
d0163482_20391257.jpg
おちょぼ口が可愛らしい。


グアナコ

南アメリカの高地に生息する動物。
d0163482_20393533.jpg


ラマ

こちらも南アメリカのアンデス地方が原産です。
d0163482_20395683.jpg
つけまつ毛みたいに長〜いまつ毛。うらやましいっ

体高は約1.2m。体重は70〜140kgあるそうです。
d0163482_20401016.jpg
ラマとグアナコの違いがイマイチ分からない。 ので、間違っていたらごめんなさい。


Grote Mara

手足の長いウサギみたいな動物です。これも南アメリカ原産。
d0163482_20403719.jpg

シンクロで寛ぐ2匹を発見!
d0163482_20411318.jpg

ウチのビーグルズみたい。
d0163482_20412880.jpg


バク

お鼻が可愛らしい。
d0163482_20414729.jpg


カピバラ

ぶちゃ可愛い系の愛嬌のあるお顔。
d0163482_2042790.jpg

フットボールの岩男くんにソックリ!
d0163482_2042254.jpg


アイベックス

アルプス山脈に生息する動物。

d0163482_20424623.jpg
こちらはメスで

こっちがオス。
d0163482_2043496.jpg
めちゃくちゃ立派な角ですね〜

仔アイベックスちゃん。
d0163482_20492797.jpg
チョコンと生えた角が可愛いかった。


プレイリードッグ

体長30−40cmのリスのような動物。
d0163482_2044179.jpg

つぶらな瞳が可愛いね。
d0163482_20442028.jpg


以上、『Artis動物園』 vol.1でした。

次回はマントヒヒやアシカ、キリンやオオカミなどなど
人気動物(?; 私が好きなだけ?)の写真を紹介していきます。

お楽しみに♪
[PR]
by mpoo1123ex | 2011-07-14 17:00 | オランダ

キューケンホフ 2011

今年も花の王国 キューケンホフへ行ってきました。

※過去の記事はこちら
2008
 2009① 2009② 2010① 2010②



オランダの春の風物詩。
何度訪れても、その美しさに感動しきり。
d0163482_2144279.jpg

綺麗に整備された花々が描き出す模様の数々
d0163482_21445924.jpg

息をのむほど華麗で
d0163482_21451562.jpg

色鮮やか
d0163482_21452719.jpg

本当に素晴らしい。
d0163482_21455260.jpg


毎年楽しみにしている花の川
d0163482_2146561.jpg

今年も見事でした。
d0163482_2146189.jpg


花に囲まれた遊歩道を歩く楽しさ
d0163482_21463281.jpg

ユニークなオブジェの数々も観光客を和ませてくれます。
d0163482_21464563.jpg


園内にそびえる風車
d0163482_2147025.jpg

登れば、眼下には見事なチューリップ畑が広がります。
d0163482_21471455.jpg


麗しい香りを漂わせたヒヤシンス
d0163482_21472823.jpg

鼻と目で楽しめます。
d0163482_21473947.jpg

ビーグルズもウットリ♪
d0163482_2147533.jpg


可愛らしいスイセンたち
d0163482_2148745.jpg

おもわず笑顔がこぼれるね。
d0163482_21482059.jpg


色とりどり、種類豊富なチューリップ
d0163482_21483458.jpg

どれもこれも美しく
d0163482_2148481.jpg

とっても個性豊かです。
d0163482_2149988.jpg

私のお気に入りはこれ♪
d0163482_21492613.jpg


今回も ビーグルズ共々 楽しませていただきました。
d0163482_21494446.jpg
ありがとう、キューケンホフ。
[PR]
by mpoo1123ex | 2011-04-18 11:30 | オランダ

Tassen Museum

ある晴れた昼下がり…

お友達とアムステルダムをブラブラ
d0163482_213589.jpg

この日のお目当ては…
d0163482_2142663.jpg
Tassen Museum (バッグ博物館)

ここは古今東西のバッグが展示されている博物館です。

d0163482_2145143.jpg
館内のベンチもバッグがモチーフで可愛い


展示物の一部をご紹介しましょう♪

中世のバッグ
d0163482_2151588.jpg

手作業で作られたはずだけど
すごく細かくて繊細で美しいものばかりでした。
d0163482_2153431.jpg

編みバッグも可愛い! 今でも十分使えそう。
d0163482_216750.jpg

日本の伝統工芸 佐賀錦の巾着袋もありました。
d0163482_2162118.jpg


外国人が日本を“イメージ”して作ったバッグは
d0163482_2163717.jpg
なんか微妙… 鳥居の下になぜゾウがいる?! 

これはヒドイ!
d0163482_2171930.jpg
着物を来た人たちがエジプトのビーチ(?)でゾウに囲まれてるっ


これにもビックリ!!
d0163482_2174247.jpg
動物のスキンがそのまま使われたバッグ。
ってか、そのまますぎっ! かなりグロいです。


模写バッグいろいろ
d0163482_2175692.jpg
電話 / グレープフルーツ / 時計

d0163482_218928.jpg
鳩時計 / 折りたたみ傘 / シャンパン・ボトル


ラブリーバッグもた〜くさん
d0163482_2182870.jpg

d0163482_2184256.jpg

これは“猫バッグ”
d0163482_219029.jpg
米クリントン国務長官が実際に使ったもの。
キラキラで可愛いですね〜


キラキラといえば…
d0163482_2191975.jpg
右のカップケーキ型は “Sex and the City”で
Carrieが使っていたものだそうです。


このバッグ美術館は、展示されたバッグたちだけでなく
建物や家具、雰囲気も可愛いの[emoji:v-290]
d0163482_2193864.jpg

運河沿いの風景を楽しめ、明るい日差しが入るお部屋。
女子にはたまらない癒し空間です。
d0163482_2195751.jpg


この日のもう一つのお楽しみはハイティー!
毎日予約がいっぱい!というほど人気なのですよ。

メニューは、サンドイッチ2種と

焼き菓子2種と
d0163482_21101265.jpg

プチフール&チョコレート
d0163482_21102941.jpg

そして最後にプチ・キッシュとチーズスティックも出てきました。

紅茶はTwiningsのティーバッグ。
途中で何度もポットを取り替えてくれるので
いつでも熱々のお茶を飲むことができました。

カフェのスタッフは親切な方ばかりで、とても居心地がよかったです。
それほど豪華なハイティーではありませんが(お手頃価格だし)
キモチ的に優雅な一時を過ごすことができ、お喋りも弾んで
と〜っても楽しい時間になりました。


Tassen Museum、いいですよー!
女子同士で行くのがオススメです
[PR]
by mpoo1123ex | 2011-02-27 12:00 | オランダ