「ほっ」と。キャンペーン

旅の思い出、詰め合わせ。


by mpoo1123ex
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ:ドイツ( 23 )


『ベルリン旅行 奮戦記』後編です。

記事を書いているうちに
「奮戦」ていうほど、大変じゃなかったじゃん?
と思ってしまったのですが… ま、いっか。
もう、このまま続けて書いちゃいます。


ってことで、観光スポットの紹介の続きから。

イーストサイド・ギャラリー
d0163482_22472195.jpg
シュプレー川沿いのMuhlenstr.の壁、約1.3kmのオープンギャラリー。

東西ドイツを分断していた「ベルリンの壁」に
ドイツ内外の画家たちが描いた絵が展示されています。
d0163482_22473728.jpg
平和や自由を願って描かれた作品が100点以上。

裏側は単なる落書き?!
d0163482_22474523.jpg
この壁がベルリンの街じゅうに張り巡らされていたのかと思うと
とても感慨深かったです。 

こちらも東西統一の象徴、ブランデンブルク門
d0163482_22482158.jpg
アテネ神殿の門を手本にして建てられた凱旋門です。
門の上には、勝利の女神と4頭の馬が。

東西分裂時代は周辺に壁が築かれ、ここを通ることができなかったそうですが
現在は誰もが通れるようになりました。

新生ベルリンのシンボル 連邦議会議事堂
d0163482_2249139.jpg
ガラスでできた半球天井のドームは一般開放されています。
屋上からの眺めは最高だそうですよ。

新生ベルリンの中心 ポツダム広場
d0163482_22502889.jpg

高層ビルが立ち並ぶ繁華街です。
d0163482_22504024.jpg
現在も次々と新しいビルが建っているとか。
そのうち西新宿みたいになっちゃうのかしら?


さて、ここからはグルメ情報。

ドイツには地方ごとに郷土料理がいろいろとありますが
今回はベルリン名物のお料理を食してきました♪

カリーヴルスト Currywurst
d0163482_225228100.jpg
ベルリンといえば、これ!
ソーセージにケチャップをたっぷりかけて、最後にカレーパウダーをまぶしたもの。
ドイツのクリスマス・マルクトでもよく食べますが、やっぱり本場のものは一味違う! かな?

アイスバイン Eisbein
d0163482_22525490.jpg
こちらもベルリン名物。 骨つきの豚の足を長時間煮込んだものです。
ホロホロに崩れる肉と、ねっとりしたゼラチンの食感が楽しめます。
塩味なので、あっさりですが… ニオイがきつくて、私はちょっと苦手。

レバークネーデルズッペ Leberknodelsuppe
d0163482_22512868.jpg
こちらはバイエルン地方の名物。
レバー挽肉団子の塊が丸ごとブイヨンスープに入っていて、ボリューム満点!

カルトッフェルズッペ Kartoffelsuppe
d0163482_22533621.jpg
ジャガイモのポタージュスープ。
味は甘味があって、まろやか。 とってもおいしかったです。

ドイツ料理は、このぐらいで十分… かな。
ってことで、お友達オススメの日本食レストランへ行きました♪

串乃家
d0163482_22541163.jpg
神戸に本店がある串揚げの人気店。

揚げたての串揚げを特製ソースや塩、辛子をつけていただきます
d0163482_2254247.jpg
テーブルにはソース皿。カウンターには同じ形の小皿が置かれ
ネタが揚がると、そのネタと相性のいいソースと同じ場所に置いてくれるんです♪

私たちが頼んだのは、おまかせコース。
サラダとデザート、それに串揚げを11本食べました。
d0163482_22543460.jpg
どれも美味しかったけど、特に気にいったのは…
「鮭&いくら」と「牛スジ」と「シイタケの肉詰め」かな♪ チーズ系も絶品でした。

はぁ~ 大満足♪  旅の疲れも吹っ飛んだぜぃ!


ベルリン旅行は、ここまで。
いろいろあったけど…
最後は 行ってよかった♪ と思えました。

ちなみに、ウチからベルリンまでは700km弱。
車で片道6時間半ぐらいかかります。 
ビーグルズも連れて行ったので、休憩をちょこちょこ取りながらの
けっこうなロングドライブでした。

今回もダンナくんが1人で運転してくれました。感謝、感謝。

そんなダンナくんが、どうしても行きたいと言うので
帰り道にベルリン近郊のポツダムに寄りました。

お目当ては、1945年のポツダム会議の舞台となった宮殿。
「ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群」の一部として
世界遺産(文化遺産)にも登録されている場所です。
(↑「世界遺産」に目がないダンナくん)

湖に面して広がる 新庭園の中にあります。
d0163482_22561052.jpg

その名は、ツェツィーリエンホーフ宮殿
d0163482_2256372.jpg
宮殿というよりも、洋館といった佇まい。
現在は、宮殿の一部が古城ホテルとして利用されています。

建物も庭も、とても可愛らしかったです。
d0163482_22565057.jpg
ここで、敗戦したドイツの処理について
米・英・ソ連の首脳たちが会議を開いたなんてね~ 
そんな お堅い場所には見えないので、なんだか想像ができませんでした。


以上で 『ベルリン旅行 奮戦記』 はおしまいです。

今回の教訓は…
「事前準備はしっかりと!」 「下調べは念入りに!」 でした。

次の旅行は、何もトラブルがないといいなぁ~
[PR]
by mpoo1123ex | 2012-04-14 00:55 | ドイツ

大国ドイツの首都、ベルリンを旅してきました。

実はこれまで、ベルリン旅行を何度か計画したことがあったのですが
都合がつかなくなったり、天候不順で断念したり… 
なぜか縁がなくて、なかなか実現しませんでした。

今回も、4月だというのにベルリンは雪の予報で、キャンセルも考えたのですが…
「これを逃すともう行けないかも?!」と、思い切って行ってみることにしました。

が!

やっぱり、ベルリンと私たちは相性が悪かった…?

予報どおり、初日から雪に見舞われ…
宿泊ホテルの駐車場は満車で、車を停められず…
交通の便の良さでホテルを決めたのに、最寄駅は工事中…
お目当てのレストランは満席で入れなかったり…
イースターで店が閉まっていて、買い物ができなかったり…

もう踏んだり蹴ったりで  。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

でもね、せっかく念願のベルリン旅行が実現したんだから「楽しまなくちゃ、損!」と思い直し
何かトラブルがあっても、「これも思い出になるさ」と開き直って満喫してきました。

天気も思っていたほど悪くなく、初日は雪が降ったけど、
それ以外は曇りのち晴れで青空や太陽も見られたし(気温が低くて寒かったけど)
おいしいものも食べられたし、いろいろな観光スポットも巡れたし
振り返ってみれば、楽しい旅となりました。


ということで、前置きが長くなりましたが
『ベルリン旅行記』のはじまり、はじまり~ です。

まずは簡単にベルリンの紹介を。

1871年、プロイセンの「ドイツ帝国」の首都として出発し
1920年代には文化の中心地として欧州屈指の大都市として繁栄しました。

しかし、ナチス政権の登場とともにかげりを見せ始め
敗戦後は東西分割という悲しい時代に突入。

1981年の再統一後は新生ドイツを象徴する歴史と文化の都として
街は新たな輝きを取り戻し、国際都市として成長し続けています。

激動の歴史が町に刻み込まれているベルリン。
その一方で、世界から注目を集める流行の発信地でもあります。

歴史的な遺産とモダンな建築物の両方を見られるのもベルリンの魅力の1つ。
新旧が混在する、見所いっぱいの大都市なのです。


では、観光スポットをご紹介♪

壮大なドームが目を引くベルリン大聖堂
d0163482_22363619.jpg

第2次世界大戦で大被害を受けた大天蓋は高さ114m。
ベルリン最大級の大聖堂です。
d0163482_22362348.jpg
ベルリンを東西に流れるのはシュプレー川

シュプレー川に架かるシュロス橋と大聖堂
d0163482_22365795.jpg
その奥(写真右)にはテレビ塔が見えます。

ベルリンの「新旧」を象徴する景色をバックにビーグルズの記念撮影。
d0163482_22372143.jpg


テレビ塔の高さは365m。
d0163482_22373832.jpg
203mの所に展望台があり、市内を一望できるそうです。

こちらは赤の市庁舎
d0163482_22375277.jpg
外壁に赤いレンガが使われていて目を引きます。
中央の時計台は高さ74mだそうです。

ベルリン最古の教会 ニコライ教会
d0163482_2238610.jpg
建造は1230年。現在は内部が市立博物館として公開されています。

ニコライ教会周辺のニコライ地区は、ベルリン発祥の地域。
この辺りからベルリンの街は発展していきました。


一方、「トレンド発信基地」と謳われるのはミッテ地区
d0163482_22393421.jpg
特に観光客に人気なのはHackescher Markt駅周辺のエリア。

ベルリンで一番有名なホーフ(小さなカルチャーコンプレックス)
ハッケーシャー・ホーフ Hackescher Hofe があります。
d0163482_2240333.jpg

ホーフとは、昔ながらの建物に囲まれた中庭のこと。
中庭に面した部分はオシャレに改装され、ショップやカフェ、ギャラリー、小劇場などが並びます。
d0163482_2240514.jpg
ハッケーシャー・ホーフには、緑の中庭を囲むように8つの建物が建ち並び
個性的なお店やオシャレなカフェが軒を連ねています。

中でも人気が高いのが アンペルマン・ギャラリー Ampelmann Galarie
d0163482_22425732.jpg


アンペルマンとは、旧東ドイツの信号機のランプ内に描かれている男の子のこと。
d0163482_2243181.jpg
今も、街のあちこちにアンペルマンの信号機が残されています。

アンペルマン・ギャラリーでは、小物や雑貨、洋服やお菓子など
いろいろなアンペルマン・グッズが売られています。
d0163482_22435128.jpg
私は栓抜きを購入♪
足の所に栓を引っかけて使うらしい。

お友達にはグミをお土産に♪
d0163482_22433944.jpg

ハッケーシャー・ホーフ内にある、アンペルマンがキャラクターのカフェレストラン
ハッケーシャー・ホフ Hackescher Hofでランチを食べました。
d0163482_22443613.jpg

ドイツやイタリアンをアレンジした料理が食べられます。
d0163482_22444954.jpg
パスタも、クラブハウス・サンドウィッチも美味しかった~
生ビールはご当地ビールのBerliner Beer

すっきりした味わいで飲みやすいピルスナー。 気に入ったので、お土産に購入。
d0163482_2245766.jpg

これもお土産に買った Beck'sGreen Lemon
d0163482_22453291.jpg
レモンティーのカクテルのような味。
アルコール度数も低くて飲みやすいです。


『ベルリン旅行 奮戦記』の前編はここまで。

こうやって写真を見ながら振り返ると…
けっこう楽しい旅行だったなぁ~ と思えます。
いろいろと大変だったけど… ね。

後編でも引き続き、観光スポットとグルメ情報を紹介していきます♪
[PR]
by mpoo1123ex | 2012-04-13 15:55 | ドイツ

クリスマス・マーケット

暗くて寒いヨーロッパの冬を
楽しい季節に変えてくれるクリスマス・マーケット♪
特にドイツでは各地で華やかなマーケットが開催されています。

今年はデュッセルドルフとドルトムントのマーケットへ行ってきました。


まずはデュッセルドルフ。
d0163482_2212837.jpg
なんだかんだで毎年 訪れています。
しかも今年は 友達とも、ダンナくんとも行ったので計2回。

でもいつも、マーケットは二の次で
日本食&ショッピングがメインだったりします。


新市街から旧市街にいたる7つの場所で開かれているらしいですが
だいたい いつも行くのは、ハインリッヒ・ハイネ・アレーと市庁舎前。

こちらは市庁舎前のマーケット。
d0163482_22141358.jpg

ここのツリーは赤を基調にデコレーションされていて
オーソドックス&シンプル。
d0163482_22153490.jpg
私、こういうツリーが好き。

そして、ここのマーケットは食べ物&グリューワインがおいしいの!
タルト・フランベやマッシュルームの煮込み、白グリューワインが
個人的にかなりオススメです。

こんな可愛いカップのグリューワイン(赤)もあるよ!
d0163482_22161188.jpg



お次はドルトムント。
“ドイツで最も大きく美しい”と云われる大規模なマーケット。
d0163482_22164332.jpg
屋台の数は300店にも及ぶとか。

確かに規模は大きいけど
昼間の様子では“ドイツ一の美しさ”には疑問が残る…。

ってことで、暗くなるまで 食べて飲んで 待つことに。

カリーヴルスト(ソーセージにカレーソースがかかったもの)や
d0163482_2217026.jpg
ライベクッヘン(ジャガイモとタマネギの揚物)
フリッツ(フライドポテト)などなど、たらふく食べました。

もちろんグリューワインも。
d0163482_22171997.jpg

こっちはハート形のカップ。
d0163482_2218936.jpg


さあさあ、日が暮れてきましたよー!
d0163482_22184035.jpg

人の数も増えて、大混雑になってきました。
d0163482_2219118.jpg

こちらはドルトムントのマーケットの目玉
高さ45m、約4万8000個の電球がきらめく巨大ツリー
d0163482_22192918.jpg

夜空に映えますなぁ
d0163482_22194790.jpg

とまあ、こんな感じでした。
久々の人混みにかな〜り疲れたけど、楽しかったです。



<おまけ>


ドイツへ行くと寄りたくなるお店が2つ。
それはドラッグストアのdmとスーパーマーケットのREWEです。

dmでは Frosch製品を買い込む。
d0163482_22201675.jpg

右のハンドソープはカエル好きのお友達へのお土産に。

だって、中にカエルがいるんです。
d0163482_22203678.jpg

かなりリアルなカエルが。
d0163482_22205633.jpg
このリアルさに、お友達ご満悦♪でした。


そしてREWEでは、REWEオリジナル商品を買い込む。
d0163482_22211740.jpg
このCreme Au Caramelは、お友達に教えてもらってからの定番。
パステルのプリンみたいにトロトロで美味しいんです。しかも安いっ!

今回お初のCreme A La Mirabelleは
d0163482_22214121.jpg
ミラベル酒という果実酒が入っているらしい。
おいしかったけど、やっぱりキャラメル味のほうが好き。

そして、こちらはダンナくんも食いついたワサビ味のポテチ。
d0163482_2222054.jpg

すっごいワサビ味で、鼻がツンツンします。
d0163482_22222160.jpg
おいしいけど、一度にたくさんは食べられん。


そうそう!
デュッセルドルフのマルクト近くでフラリと入った
ショコラティエで買ったトリュフチョコがとっても美味しかったんです。
d0163482_22224065.jpg
バルサミコ酢、ビール、キール・ロワイヤル、グラッパ、ラム酒味。

お店の名前は Gut & Gerne Schokolade。カフェも併設されています。
店員さんがとってもフレンドリーでした。たぶんラテン系、のセクシー美女。
また行きたいお店です。
[PR]
by mpoo1123ex | 2011-12-05 15:50 | ドイツ

2年ぶりに雪山へ

週末 約2年ぶりに雪山へ行ってきました♪

目指すはドイツのウィンターベルグ(Winterberg)
d0163482_433198.jpg
ウチから車で3時間半強で行けるウィンターリゾート。

複数のゲレンデが点在する街で
シーズン真っ盛りの今は街じゅうが賑わっています。
d0163482_44217.jpg

私たちが訪れたのはSkiliftkarussell Winterbergというスキー場。
前回もココでした。広くてコースも充実しているので気に入っています。
d0163482_443597.jpg
d0163482_444879.jpg
d0163482_445935.jpg
d0163482_4510100.jpg


ひっさびさのスノーボード。
ちゃんと滑れるか、ちょっとドキドキしましたが・・・
d0163482_455849.jpg
大転倒もなく、快適に滑走できました。

d0163482_462130.jpg

d0163482_464757.jpg


青空に恵まれ 絶好のスノボー日和! 楽しぃ〜♪


↑の私の写真はもちろん、↑の動画も
ダンナくんが滑りながら撮影してくれました。
時々 彼のデカい影が入りこんでます。



ダンナくんは私の25倍ぐらい(?)上手なのですが・・・
私の写真がヘタクソで、こんな写真しか撮れず・・・
d0163482_48878.jpg

d0163482_482475.jpg
ほんと 申し訳ないっす。


スノーボードを満喫し、ビールで乾杯+α
d0163482_484589.jpg

d0163482_49383.jpg
これも楽しみの1つ♪


車でお留守番してもらっていたビーグルズも
ゲレンデに連れ出して撮影タイム!
d0163482_492523.jpg
「ここはどこ?」って感じでキョロキョロしちゃう2匹です。

こっち向いて〜!
d0163482_494533.jpg
はい、OK!


今回 私たちが宿泊したのは このホテルです。
d0163482_4101569.jpg
お友達に紹介してもらって前回もココに泊まりました。

部屋が広くて、食事も美味しくて、スパ施設も充実、
スタッフも親切丁寧で、建物も可愛らしくて素敵!
d0163482_4103571.jpg
ということで今回もリピ♪


夕暮れ時、ビーグルズと周辺をお散歩。
d0163482_4105531.jpg

d0163482_4111131.jpg

夕日がとっても綺麗でした。
d0163482_4113057.jpg


やっぱり雪山は楽しいな♪
土曜の午後と日曜の午前しか滑りませんでしたが
天気が最高だったので前回よりも充実感たっぷり!
思いきり楽しめました。


今回のお気に入り写真
d0163482_4114944.jpg
イエ〜イ! 超〜キモチい〜!!


「今度はスイスやシャモニで滑りたい!!」と秘かに野望を抱く私。
オランダにいる間に実現できるといいなぁ。
[PR]
by mpoo1123ex | 2011-01-31 12:20 | ドイツ
女同士のぶらり旅
今回はドイツのデュッセルドルフ(Dusseldorf)
お友達の車で連れて行ってもらいました。

ヨーロッパはクリスマスシーズン到来!
各地でクリスマス市が始まっています。

ということで今回は
「美味しいものを食べて、街をブラブラ&ショッピングして
クリスマス・マルクトも楽しんじゃおう!」という
この時期ならではのウキウキ企画でした♪

デュッセルドルフも行きどころ満載の魅力的な街!
また行きたいお店、行けなかったけど気になるお店などなど
いろいろあるので備忘録でまとめておきます。

地図はコチラ


デュッセルドルフまでは、アムステルダムから車で2時間半ぐらい。
到着したのは12時ちょっと前でした。
ランチタイム前だったので、まずは Bakery Taka
お土産用に惣菜パン&菓子パンを購入。

ここのパンは、アムステルダム内の日本食材店でも売られていて
日本人駐在者の間でも大人気。
せっかく本店へ来たので、アムスでは買えないような珍しいパンを買いました。
翌朝の朝食に食べましたがフワフワでおいしかった♪


ランチは日本食レストランの やばせ にて。

このお店は新鮮なネタのお寿司やお刺身がおいしいと聞いたので
ちょっと贅沢して「上 ちらし丼」を注文しました。
d0163482_6184526.jpg
美しい! そして美味しい~!!
やっぱり「上」にしてよかった~ 特に中トロが最高でした!!

お店には開店(12時~)と同時に入りましたが、あっという間に満席になりました。
客層は日本人7割&ドイツ人3割ぐらい。

日本企業の多いデュッセルドルフらしく、背広姿のサラリーマンがたくさんいました。
ランチタイムに気軽に こんなに美味しい日本食が食べられるなんて羨ましい限りです。


さて、ランチの後は街ブラ&ショッピング・ツアーへ。

まずは、キッチン用品やブランド食器を品数豊富に取り扱っているお店 Franzen へ。

クリスマス雑貨もたくさん並んでいて、とっても華やかでした。
d0163482_6283912.jpg



続いて Ko Center 内の Hinemann で定番のシャンパントリュフをゲット♪
d0163482_6332550.jpg
これ、だ~い好きなんですよね♪


お次は Schadow Arkaden 内にある
お気に入りのお茶屋さん Tee-Handels-Konaor Bremen へ。
名前のとおり、ブレーメンに本店があるお店。
デュッセルドルフへ来るたびに ここでお茶を買っています。

どのお茶も本当に美味しくて大大大好き!!
特に Grapefruits Rose がお気に入りです。

今回はチョコ風味のルイボスティー Choco Rooibush を買ってみました。
d0163482_6362139.jpg
チョコの香りがしますが、味はそんなに強くなくて飲みやすいです。


Carsch-Haus の地下ではキッチン用品を見た後
小さなカウンターで休憩がてらスパークリングワインを飲みました。


Galeria Kauhof の地下では、スーパーで食料品いろいろを購入。
久々のデパ地下に興奮しました!
d0163482_6513347.jpg
 左: ミュンヘン名物の白ソーセージ(Munchner Weiβwuest)
右上: アントワープで買い損なったEchire有塩バター(アントワープよりも高めの3.70ユーロ)
右下: お気に入りのソフトチーズ Capris de Dieux

白ソーセージは お家で茹でて食べました。ハニーマスタードを添えて。
d0163482_2304084.jpg
フワフワ食感が魅力のソーセージ。ミュンヘンでは朝食に食べるそうですよ。
オランダではなかなか買えないので久々に食べられて嬉しかった♪ おいしかったです。


Ko Galerie では ドラッグストアの dm でいろいろ購入。

日本でもすっかりお馴染み(?)の Frosch 製品も品数豊富でした。さすが本場です。
d0163482_2373839.jpg
しかも安いっ!
例えばキッチンウォッシュは2ユーロ以下で買えます。
日本では800円ぐらいらしい。



街ブラ&買い物を一通り終えた後は、お楽しみのクリスマス・マルクトへGO♪
デュッセルドルフ市内では数ヵ所で開催されています。

メインのマルクト広場にて。
d0163482_23122653.jpg

d0163482_23124269.jpg

まだ宵の口だったので人出も少なく、食べ物や飲み物も買いやすかったです。

ここは お友達オススメの屋台。
d0163482_2314277.jpg

珍しいグリューワインが売られています。
d0163482_23151196.jpg
去年ダンナくんと来たけど、白グリューがあるなんて知りませんでした。
なかなか美味しかったです。

これはタルト・フランベ(Tarte Flambee)
d0163482_2317415.jpg
フランス・アルザス地方名物の極薄ピザ。 とっても美味しいです。
本当に薄いからパクパクいける! グリューワインによく合います。

そして、クリスマス・マルクトといえばやっぱり!
d0163482_23191216.jpg
ソーセージは外せない!!

こっちも大好き♪♪♪
d0163482_2320150.jpg
マッシュルームの煮込み。ガーリックチーズのソースがたまらないっ

こちらも定番のライベクッヘン。
d0163482_23221429.jpg
ジャガイモと玉ねぎの揚げ物です。

5人いたので、みんなで分け合いながら
いろんな食べ物をつまむことができました。満足、満足♪


ちなみに、ハインリヒ・ハイネ広場のマルクトはこんな感じ。
d0163482_2325677.jpg
天使をモチーフにした飾り付けが目を惹きます。
小規模ですが華やかで賑わっていました。


マルクト巡りに満足したら、ディナータイム♪ (まだまだ食べますよ!)
自家製アルトピールとドイツ料理が美味しいと評判の Im Fuchschen へ行きました。
d0163482_23271977.jpg

d0163482_054937.jpg
噂どおりにおいしいビールを飲みながら
みんなでサラダやソーセージ、豚肉料理をつまみました。
d0163482_23302471.jpg
これだけ食べたら、さすがに満腹です。

お土産に自家製ビールを購入。
d0163482_23312550.jpg
左はオリジナル、右はクリスマス限定です。
ダンナくんと飲も♪


この後、帰路に着きました。
とことん遊び、とことん飲んで食べて、心もお腹も満たされました。
けっきょくデュッセルドルフ滞在時間は約8時間。
終わってみれば、あっという間でした~

じっくりゆっくりウィンドウショッピングできたし
クリスマス・マルクトも満喫できたし
戦利品(主に食料)もたくさんゲットできたし
日本料理からマルクト屋台やドイツ料理まで いろいろ食べられたし
何より、みんなでワイワイできたのがとっても楽しかったです。


女同士の ぶらり旅、やっぱり最高!! クセになりそう…
[PR]
by mpoo1123ex | 2010-11-25 05:54 | ドイツ
ロマンチック街道旅行記 最終回は
ロマンチック街道の北の起点 ヴュルツブルクです。


ヴュルツブルク Würzburg

マイン川沿いに築かれた砦から栄えた街。

フランケン地方の中心都市であり、ドイツ中部の観光都市として人気があります。

一番の見所は世界遺産のレジデンツ

司教たちの住居として建設された宮殿。
総室数は340室。内部装飾が見事で、中でも天井の世界最大のフレスコ画は圧巻です。
宮殿内は撮影禁止でした。


庭園も広い!


庭園内はワンコもOKなので、ビーグルズと一緒にお散歩できました♪



さて、こちらは街の中心にある聖キリアン大聖堂

ロマネスク様式の大きな教会。聖人キリアンの名が付けられています。

ノイミュンスター寺院
は聖人キリアンと弟子のために建てられた教会。


白で統一された内部は荘厳な雰囲気です。


美しい祭壇やマリア像も見事でした。

こちらは市庁舎

地下にはフランケン地方の料理が食べられるレストランがあるそうです。

12体の聖人像が立つアルテ・マイン橋はマイン川に架かる橋。



像の向こうに見えるのはマリエンベルク要塞


レジデンツが完成するまで、歴代の大司教の居城兼要塞だった場所です。


要塞というだけあって、建物に辿り着くまで坂道が続き大変でした。

でも、がんばって登ったら…
マイン川の向こうに広がるヴュルツブルクの街並みが一望できました。

だけど疲れたなぁ〜 足がガクガクになりました。


ヴュルツブルクの名産はフランケンワイン
ボックスボイテルという丸い平らなボトルが特徴的な辛口のワインです。



アルテ・マイン橋の近くにあるmainweinというワイン屋さんでは
可愛いお姉さんがフランケンワインの説明をしてくれました。

試飲させてもらったワインを即買いした私たち… 単純です[emoji:v-391]


見所たくさんのヴュルツブルク。
半日で廻るのはちょっと大変でしたが、しっかり楽しんできました。


以上でロマンチック街道の旅行記は終了です。
今回も弾丸ツアーだったので疲れましたが… とっても楽しかったです[emoji:v-290]
[PR]
by mpoo1123ex | 2010-04-10 19:45 | ドイツ
ロマンチック街道の旅行記 2回目は
石壁に囲まれた街、ローテンブルク編です。


ローテンブルク Rothenburg

“中世の宝石”と云われる、城壁に囲まれた街。
高台にあり、谷間にはタウバー川が流れています。


街なかには あちこちに城門が。




ここは街一番の撮影スポット プレーンライン

左右に城門が並んで見え、その間にドイツらしい木組みの家が立っています。


ここローテンブルクでも、レトロな鉄の看板がたくさんありました。





そして、ここにもあった!

イースター卵がいっぱい付いた王冠チックな飾りが!
なんなんでしょうねー、これ?


さて、こちらは街の中心 マルクト広場


ビーグルズ@マルクト広場[emoji:v-212]

左:仕掛時計が付いた建物、市参事宴会場前にて
右:伝統のある老舗ホテル アイゼンフート前にて

これは街のシンボル的存在の市庁舎の建物。

塔から街を一望できるそうですが… 現在は閉鎖中のようでした。

街の主教会として愛されている聖ヤコブ教会



ローテンブルクの名物は、「雪球」という意味のシュネーバル

平たいクッキー生地をボール状に丸めて揚げたお菓子。

粉砂糖をまぶした白いものが一般的ですが、チョコがけやナッツがけも人気だそうです。

粉砂糖がけ&アーモンドチョコがけを食べてみました。
おいしかったけど、一度食べたら満足かな…


夕食は居酒屋風ワインハウスのツア・ヘル(Zur Holl)にて。

お店の名は「地獄亭」という意味だとか。

建物は街で最古で、10世紀に建てられたものだそうです。


グリーンガーリックのスープ ソーセージの盛り合わせ
スペアリブは肉がやわらかくてとっても美味しかったです。

ボリューム満点! お腹いっぱいになりました。

ビールも もちろん旨かったけど…


この地方名物のフランケンワインもいただきました。

スッキリした味わいで飲みやすかったです。


ローテンブルクは歴史的建造物が多く、中世の面影が残る素敵な街でした。

ドイツらしい、メルヘンチックな街並みが可愛い♪


以上、ローテンブルク編でした。
[PR]
by mpoo1123ex | 2010-04-09 19:20 | ドイツ
イースター休暇にドイツのロマンチック街道を車で旅してきました。

ロマンチック街道
とは…
ロマン溢れる中世の街並みや、美しい田園風景を楽しめる街道。
ドイツ南東部を南北に延びる全長約350㎞の道です。

ドイツ観光局HPより


私たちが巡ったのは3都市。
①フュッセン ②ローテンブルク ③ヴュルツブルク


総走行距離は約1,720㎞。2泊3日で行くにはかなりの長距離。
しかし!自他ともに認める“弾丸野郎”のダンナくんの「行くぞ!」の一言で
ツアー決行!となりました。

ダンナくん、毎度のことながら1人で運転ごくろうさまでした〜
けど、私も助手席であんまり寝ないでがんばったよね、ね![emoji:v-391]


ということで、今回から3回に分けて旅のレポートを書きたいと思います。
初回はフュッセン編です。


フュッセン Füssen

ロマンチック街道 最南端の都市。
ドイツ・アルプスが背後にそびえる小さな街です。


街を流れるのはレヒ川


街なかからもアルプスの山々が見えます。


こちらは聖マンク修道院

内部は市立博物館として公開されています。


今回ももちろん、ビーグルズも一緒でした。フュッセンの街かどにて[emoji:v-212]

これはよくわかんないけど…
イースターの飾り付け(カラフル卵たち)をした王冠らしいです。

レトロで可愛らしい お店の看板たち。



街のあちこちにあって目を惹きます。


こちらは郊外の草原にポツンとたたずむヴィース教会(Wieskirche)

こう見えても世界遺産です。

外観はシンプルですが…
内部の装飾はとってもゴージャス!




この教会の目玉は『鞭打たれるキリスト像

「涙を流した」という伝説のある“奇跡の像”だそうです。


さて、こちらは夕食を食べたツム・シュヴァーネン(Gasthaus zum Schwanen)


ま・ず・は…

ビール、ビール♪

おいしいドイツ料理も堪能しました。

上:Brotzeitteller ハムやソーセージなどの前菜の盛り合わせ。
左:Glasch ドイツ風シチュー
右:Maultasche パスタで挽肉を包んだもの。


そして2日目。
ロマンチック街道のハイライトと呼ばれる美しき城を目指し
シュヴァンガウ(Schwangau)地方
へも行きました。

まず目にしたのはホーエンシュヴァンガウ城(Hohenschwangau)

築城は12世紀。マクシミリアン2世が19世紀に再建しました。

アルプ湖を臨む山あいにそびえています。


そして、こちらが崖の上に立つ白亜の城
ノイシュヴァンシュタイン城(Neuchswanstein)
です。


マクシミリアン2世の息子、ルートヴィヒ2世が19世紀後半に築城しました。

ノイシュヴァンシュタインは日本語で「新白鳥」。
ルートヴィヒは白鳥を愛し、城内には白鳥のモチーフが100点以上もあります。

このお城までは、徒歩・バス・馬車で行きます。
徒歩だと山道を40分
バスだと15分+徒歩15分
馬車だと20分+徒歩5分。

実は… 見学ツアーの開始時間を間違えるというハプニングが発生し
城までの道を2往復してしまいました。
 1回目は 行きも帰りもバス。
 2回目は、行きはバス、帰りは馬車。
けっきょく、たくさん歩いてしまい 翌日は足が筋肉痛に[emoji:v-393]


どちらのお城も 城内は撮影禁止だったので写真はありませんが…
それなりに素晴らしい装飾でした。

ダンナくんは
「こんな城で暮らしてたら 落ち着かないよなぁ」と呟いてましたけどね[emoji:v-391]


さて、こちらはノイシュヴァンシュタイン城の絶好の撮影スポット、マリエン橋


こんな所にあります。

けっこうな断崖にありますが、吊り橋ではないので揺れないし
そんなに怖くなかったです。


以上、フュッセン編でした。

念願のノイシュヴァンシュタイン城に行けてよかったのですが
天気がイマイチだったのでガッカリ[emoji:v-390]

ノイシュヴァンシュタイン城を撮ったつもり

もう行くことはないと思うので… 残念無念です。
[PR]
by mpoo1123ex | 2010-04-08 19:25 | ドイツ

フランクフルトで同期会

オランダ駐在同期のお友達 りなちゃん一家chakenちゃん一家
ドイツのフランクフルトで同期会をしました。

現在フランクフルト在住の りなちゃん一家がもうすぐロンドンへ引っ越すので
その前にフランクで会おう!ということで、1月の新年会以来2ヵ月ぶりに
3家族(6人+犬3匹)で再集結したのです。

ウチからフランクフルトまでは約450㎞、車で約4時間半。
ちょっとした長旅ですが、大好きな仲間に会えると思えば なんのその!
(私は助手席に座っていただけですが…)


到着早々、りなちゃん夫妻オススメのお店でドイツ料理&ビールに舌鼓♪
再会を祝して乾杯しました。

地元のドイツ人も太鼓判を押すお店 というだけあって、とっても美味しかったです。


その後はみんなでフランクの街を散策。

こちらは高さ95mの塔がそびえる大聖堂。

前回来た時には工事中だったので、今回は見られてよかった。
初めて中へ入りましたが、広くて立派!パイプオルガンもありましたよ。

フランクフルトのシンボル、レーマー広場。

ドイツらしい木組みの建物や切妻屋根がいいですね〜

オランダでは見かけない高層ビル群。

さすがは経済・商業の中心都市!

こちらは欧州中央銀行のビル。


マイン川沿いの風景は情緒があって素敵です。



その後も りなちゃん夫妻のガイドで街歩き。
駐在当初、一緒にアムステルダムの街を歩いた時のように
お喋りしながらブラブラしました。楽しかったなぁ〜

dm
で日用品を買ったり、REWEでおいしいプリンを買ったり…
気がつけば、いろいろと買い込んでました。


夜は りなちゃん夫妻のお家にお招きいただきました。

愛しのロミオくんとも再会♪

Oh! ロミオ〜!

お料理上手な りなちゃんが腕をふるってくれた豪華料理を堪能♪

新鮮な海の幸の手巻き寿司もいただきました。

どのお料理もとってもおいしかった〜 素敵なおもてなしに感謝・感激でした。
お酒もすすみ、お喋りも弾み、みんなでワイワイと楽しい時間を過ごしました。


ワンズの3ショット。

ロミオく〜ん! もっとこっち来て〜!

図々しいビーグルズはすっかりリラックスさせていただきました。

不敵な笑みを浮かべるルーシー 盗み食いのチャンスを狙ってる?!


笑顔全開のエディ 気を抜きすぎです


くつろぐロミオくん ホストの大役、御苦労さまです


気がつけば5時間が経過。
気の合う仲間と過ごす時間は あっ という間に過ぎちゃうものですね〜

今回は、新年会の時ほどドロ酔いしませんでした。記憶もちゃんとあります。
私も、みんなも、知らず知らずのうちにセーブしていたみたいです。
新年会の時は翌日つらかったからね〜



りなちゃん一家のおかげで楽しいフランクフルト滞在となりました。
引っ越し前の忙しい時にお招きいただいて、本当に感謝でいっぱいです。

りなちゃんとも、chakenちゃんとも、お互いに離れ離れの駐在生活となってしまいましたが
「またいつでも会える」という安心感があります。

また3家族で集まれる日が、そして女3人で旅行する日が
今からとっても楽しみです♪

また会う日まで、お互いに元気にがんばろうねっ!
[PR]
by mpoo1123ex | 2010-03-16 09:55 | ドイツ
オランダ駐在同期のお友達 りなちゃん夫妻&chakenちゃん夫妻と新年会をやりました。


会場はドイツ・デュッセルドルフにある本格焼鳥居酒屋串亭です。

りなちゃん夫妻は昨年3月にドイツ・フランクフルトへ
chakenちゃん夫妻は昨年10月にオランダ・マーストリヒトへ引っ越してしまいました。

駐在当初は毎日のように顔を合わせていた2人なので
離れ離れになってしまった時は本当に寂しかったけれど
女同士で旅行
したり、こうして旦那さん達を交えて集まれたり
いつまでも繋がっていられることを本当に嬉しく思います。

りなちゃん夫妻の愛犬ロミオくん(ヨークシャテリア♂)とも9ヵ月ぶりに再会!

相変わらず可愛いんだからっ!

ビーグルズ X ロミオくんの久々3ショット

怖がりでワンコが苦手なロミオくんですが、がんばってくれました。
お互いに覚えていたのかな?


ドイツ・デュッセルドルフは、みんなの家から車で1〜2時間の距離で
集合するには丁度いい場所です。
日本人駐在員も多く、美味しい日本食レストランがたくさんあるのもいいっ!

特に、この串亭は日本の居酒屋さながらにメニューが豊富!
「ここは日本?!」と錯覚するような店内の雰囲気も良いのです。

というわけで、たくさん食べて飲みました[emoji:v-411]




嬉しくて楽しくて、ついつい飲み過ぎてしまいました。
途中から記憶が所々とんでいるのですが…
写真を見ると、みんな楽しそうに笑っています。

ただ1人(1匹)、シラフで一部始終を見守っていたロミオくん。
※店内はワンコOK。ビーグルズはお留守番でしたが…


ねぇロミオくん、私 恥ずかしいことしなかった??


また6人+3匹で集まれる日が待ち遠しいです[emoji:v-290]♪
今度は飲み過ぎないように気をつけようっと。翌日は二日酔いで大変だったので…
[PR]
by mpoo1123ex | 2010-01-18 21:55 | ドイツ