旅の思い出、詰め合わせ。


by mpoo1123ex
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:イタリア( 5 )

南イタリア周遊記 後編


『南イタリア周遊記』の後編です。

拠点のソレントからフェリーに乗ってのショートトリップ♪
d0163482_15322071.jpg

船上では、みんなが水着に着替えてる。
d0163482_1532267.jpg

そして、海へ飛び込んじゃった!!
d0163482_15323310.jpg
もちろん、これもツアーに含まれたお楽しみの1つです。


そうこうしながら到着したのは…

その美しい海岸線が世界遺産に登録されているアマルフィ(Amalfi)
d0163482_15324034.jpg

山の斜面と、パステルカラーの建物群が溶け込んだ風景。
d0163482_1532475.jpg

イタリア屈指のリゾート地でもあります。
d0163482_15325315.jpg


短い滞在時間内に、ランチを食べて、チョロッとだけ観光もしました。

こちらは街のシンボル的存在のドゥオモ(Duomo)
d0163482_15325929.jpg

9世紀に創建されたアラブ風聖堂。
d0163482_1533447.jpg
モザイクが印象的な外観です。

内部にもあちこちにモザイク。
d0163482_15331119.jpg

アラビアスタイルのアーチが見事な回廊。
d0163482_15331696.jpg

天井やレリーフもカラフルで華やかです。
d0163482_15332764.jpg


ソレントへの帰路で、ポジターノ(Positano)も通りました。
d0163482_15333312.jpg
アマルフィの風景と酷似しておりますが
これはポジターノです。

このショートトリップ、バスでも巡れるそうですが
曲がりくねった海岸道路を走るので、かなり車酔いするそうですよ。


もう一つのショートトリップは…
古代都市の遺跡の町、ポンペイ(Pompei)
d0163482_15333932.jpg
ヴェスヴィオ火山の大噴火で一夜にして滅んでしまった古代都市。
噴火後、18世紀に発掘されるまで火山灰の下に埋もれていました。

神殿や円形闘技場や劇場から、居酒屋や娼婦の館、浴場、洗濯屋など
あらゆる娯楽施設を備えた商業都市だったそうです。
d0163482_15334580.jpg

当時の姿が残る、偉大な遺跡群。
d0163482_15335485.jpg
圧巻でした。でも暑かった。
真夏の遺跡巡りはキッツイですねぇ~


その後、暑さでバテ気味でお腹があまり空いてなかったので
とりあえずマクドナルドへイン。

そしたら、イタリアならではの
ご当地メニューがあって、おもわず注文しちゃいました。
d0163482_1534076.jpg
フォカッチャ♪

ここでも インサラータ・カプレーゼ。
d0163482_1534974.jpg
なんと、小瓶のオリーブ油がついてきました。
これがとってもおいしかったの!!


旅行の最終日はナポリ(Napoli)へ移動。

まずはお目当てのピッツェリアへ。
d0163482_15341490.jpg
常に行列ができてる人気店、 Da Michele

ナポリを代表する、大御所ピッツェリアです。
d0163482_15342118.jpg

もちろん窯焼き♪
d0163482_15342990.jpg

メニューはマリナーラ(上)とマルゲリータ(下)の2種のみ。
d0163482_15343647.jpg
サイズは3種類から選べます。これはMサイズ。

店内でも食べられるけど、落ち着かないのでテイクアウトして食べました。
行列で待ちに待たされ期待が高まりすぎたせいか、、、
おいしいんだけど、感動はあまりない味。ちょっと脂っぽかったな。


ピザの後は、サクサクっと街歩き。
d0163482_1534433.jpg
王宮、市庁舎、ヌォーヴォ城などを見て歩きました。

ナポリ湾。 遠くに見えるのはヴェスヴィオ火山。
d0163482_15345084.jpg
大噴火してポジターノを埋もれさせた火山ですね。


こんな感じで、見どころ満載の南イタリア旅行でした。

暑くて暑くて、、、 真夏に行ったことを後悔しそうになりましたが・・・

スカーンと晴れ渡った青空と、深くて青~い海を満喫できて
楽しい思い出になりました。
[PR]
by mpoo1123ex | 2013-02-05 12:00 | イタリア

南イタリア周遊記 前編


かれこれ半年前になりますが…
昨年の夏に旅行した南イタリアの周遊記です。
ようやく着手!

あ、「南イタリア」といっても、廻ったのはほんの一部分。
d0163482_14103597.jpg
イタリア本土南部の、ブーツのスネ~足首の辺りです。


ソレント(Sorrento)を拠点に
ティレニア海を囲む海岸線沿いのリゾート地を巡りました。

こちらが、そのソレントの街並み。
d0163482_15221440.jpg
カンツォーネ(イタリアの大衆歌曲)の ♪帰れソレントへ♪ で有名な
海を見下ろす高台にある小さな町。

パステルカラーの建物も可愛らしい。
d0163482_15222552.jpg
素朴で温かみのある風景でした。


ホテルから見えた景色は
d0163482_15223131.jpg
澄んだ青空と美しい海。 心ウキウキ♪


夕暮れ時のマリーナはロマンティックな雰囲気。
d0163482_15223860.jpg

沈みゆく太陽と、ゆっくり変わる空の色を眺めつつ…
d0163482_15224318.jpg

「今夜はどのトラットリアに入ろうか♪」と、心ワクワク&お腹グーグー。
d0163482_15225053.jpg

地中海で捕れたお魚たち。新鮮でおいしそ~
d0163482_15225568.jpg

毎晩、おいしいイタリア料理を堪能しました♪
d0163482_1523933.jpg

d0163482_15232014.jpg

この地方が発祥のインサラータ・カプレーゼはほぼ毎度注文!
d0163482_1523291.jpg
トマトがめっちゃウマい♪
でも本場のは、バジル少なめなのね。
代わりにレタス多め。これはちょっとガッカリでした。


最後に、ソレントで見た夕陽を。
d0163482_1523254.jpg
この美しい風景は、いまもなお目と心に焼き付いております。


さて、今回の旅行のメインイベントは
カプリ島(Isora di Capri)青い洞窟(Grotta Azzura)

オランダ駐在中に絶対に行きたかったんです。
そのうち海面が上がって洞窟に入れなくなるという噂もあるので
これは行っておかねば!と。

季節によっては、波が荒れて洞窟に入れないこともあるそうで
比較的天候が落ち着いている(でもメッチャ暑い)真夏に行こうと計画したのです。


ソレントからフェリーでカプリ島へ渡り、別フェリーに乗り換えて洞窟へ向かい
さらに周辺で小舟に乗り換えて待機。
d0163482_15233557.jpg

ひたすら順番を待ちます。
d0163482_152342100.jpg

そしてついに!
d0163482_15234947.jpg
“青い宝石”と呼ばれる洞窟へ潜入!!


キャーー!
d0163482_15235520.jpg
すごいっーーー!

白い石灰岩、透明度の高い海、強烈な太陽光線が創り出す
どこまでも青い、幻想的な空間。
d0163482_1524374.jpg
洞窟の開口部から入り込んだ太陽光線が海底で反射し
海水が青く輝いて見えるんだそうです。

無事に見られてよかった!!!!!

でも写真では実物の半分も美しさが伝わらないのが残念。

あぁ、本当に綺麗だったなぁ~ 感動しました。
死ぬまでにもう一度見に行きたいです。


青の洞窟を満喫した後は、カプリ島内をちょろっと観光。
リフトに乗って、標高589mのソラーロ山(Monte Solaro)を目指しました。
d0163482_15241035.jpg

ティレニア海の地平線が見渡せます。
d0163482_152418100.jpg
切り立った岸壁と点在する白い家々が印象的な風景でした。


マリーナに戻って、お店巡りをしたり海を眺めたり…
d0163482_15242460.jpg

美味しいランチも食べました♪
d0163482_15243289.jpg
やっぱ、本場のパスタはおいしいのぅ~


と、前編はここまで。

次回は・・・
海岸線のリゾート地や遺跡めぐりをリポートします。
お楽しみに♪
[PR]
by mpoo1123ex | 2013-02-04 12:00 | イタリア

勢いにのって、どんどんいきましょー!
『ローマの(プチ)休日♪』 後編です。


前回パンテオンに続いて
やって来たのはトレヴィの泉
d0163482_14101392.jpg

ローマ最大級の泉。バロック調の彫刻群は圧巻です。
d0163482_1492350.jpg

ここも大人気のスポット! 観光客がウジャウジャです。
d0163482_14102826.jpg
スリに気をつけながら…の1枚♪


そうそう、実はこの旅行中
危うくスリに遭いそうになりました。

混雑する地下鉄の車内で必要以上に密着してくる
若い女の子の2人組に挟まれた私。

友達が声を出して教えてくれて、未然に防ぐごとができましたが
肩から斜めに前側にかけていたバッグのファスナーは開けられ
お財布が動かされていました(横から縦に。抜き取られる寸前だった!)

怖かったー! そして財布を取られなくてよかったー!!
もし取られていたら、この旅も思い出も台無しでした。

皆さまもどうぞお気をつけください!!!


さて、話を戻して…

こちらは Hotel Bernini Bristol
d0163482_1493960.jpg
ローマを舞台にしたダン・ブラウンの小説『天使と悪魔』で
主人公のロバート・ラングドン教授とヒロインのヴィットリア・ヴェトラが
事件解決後に泊まったホテルです。


はい、お次は
ローマの象徴とも呼べる歴史的建造物 コロッセオ
d0163482_14104347.jpg

6万人を収容できるという巨大な円形闘技場です。
d0163482_1495499.jpg
これを見るといつも、映画『グラディエーター』を思い出しちゃいます。


こちらはヴェネッツィア広場前にそびえ立つ
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂
d0163482_14105735.jpg
ローマ帝国を思わせる豪華絢爛な建物です。


そこから、けっこうな距離&上り坂道を移動してやって来たのが
サンタ・マリア・イン・コスメディアン教会
d0163482_1410734.jpg

映画『ローマの休日』であまりにも有名になってしまった真実の口があります。
d0163482_14111185.jpg

この口の中に手を入れるために長蛇の列。
d0163482_14102669.jpg
私たちは、その列には並ばず…


ローマ三越にある本物そっくりなレプリカの口に手を入れて記念撮影。 
d0163482_14113025.jpg
お手軽 お手軽♪
でも、これで十分満足な私たち♪♪


サンタ・マリア・イン・コスメディアン教会の後は
テヴェレ川に架かるパラティーノ橋を渡り
d0163482_14103918.jpg

下町の風情があふれるトラステヴェレ地区
d0163482_14114420.jpg

サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ教会はローマ最古の聖堂。
d0163482_14105577.jpg
モザイク画が有名!
だそうですが、悲しいかな、、、 あまり記憶がありません。


だって、芸術よりピザ!ですもの。
d0163482_1412012.jpg
このトラステヴェレ地区は地元の人々にも人気のスポット。
美味しくて安いピッツエリアが軒を連ねているのです。
私たちが食べたピザも期待以上に美味しかった♪ 
やっぱり本場の味は違いますね!


この日は朝から夕方までよく歩いたので、夜は早めに切り上げて
ワインやツマミを買い込んでホテルで宴を開催♪

思い出話に始まり、近況報告からイケメンの定義についてまで(?)
たくさん喋って、いっぱい笑って、とっても楽しい夜でした。


そして最終日。
午前中にお土産の買い物をしたり、ちょこっと観光したり。

こちらはサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂
d0163482_14111164.jpg
ローマの4大バジリカ(古代ローマ様式の聖堂)に数えられる由緒ある教会だそうです。

↑の写真は、大聖堂の裏側からの写真。
ふらりと立ち寄ったら、実は大そうな建物だったという感じで・・・

中に入って、外観(裏側の)からは想像できない荘厳さに驚きました。
d0163482_14121551.jpg

ステンドグラスも見事でしたよー
d0163482_14112653.jpg


こんな感じで弾丸★女子旅 in ローマ は終了。
ほんとに あっ という間の(プチ)ローマの休日でした。


ローマに到着したのが一番なら、去るのも一番だった私。
お人に最寄り駅まで送ってもらい、一足先に帰路に着きました。


実はこの時、既に日本への本帰国が決まっていたのです。

オランダに駐在し始めた時期がちかくて、“同期”としてずーっと仲良くしてもらったお二人と
しばらくは気軽に会えなくなってしまうのかと思うと・・・寂しい気持ちになりました。


でもね、オランダを去る前に
お二人がわざわざ会いに来てくれたんですよー!
d0163482_14124357.jpg
帰国直前まで滞在していたホテルへ。

フランクフルトとマーストリヒトから
はるばる ありがとー!!!
d0163482_1411543.jpg
ビーグルズも大喜びでした。


3人での女子旅@ヨーロッパは当分できないかもしれないけど
また一緒に旅しようね~ 
d0163482_14125861.jpg
たくさんの楽しい思い出をありがとね♪ 女子旅、サイコー!



<おまけ>

↑の写真、ビーグルズに注目して もう一度 見てみてください。
d0163482_14121077.jpg
お二人との写真はルンルン顔ですが
私との写真ではヘッドロックされて可哀そーなビーグルズ。

ただ、カメラのほうを向かせたかっただけなの… ほんとよ。
[PR]
by mpoo1123ex | 2012-11-23 00:01 | イタリア

日本に帰国して1ヶ月半が経ちました。

新生活もだいぶ落ち着いてきたので (と言いつつ、2週間後にはまた引越しが… 汗)
溜まりに溜まっている旅レポを記憶が遥か彼方へ消えてしまう前に書かねば!


ということで
オランダ駐在同期の仲良し3人組で行った 女子旅☆第3弾の旅レポ!

第1弾はロンドン 第2弾はボルドー でした。


今回はイタリアのローマを旅してきました。
2泊3日の(プチ)ローマの休日です♪


現在は3人とも別々の場所に住んでいるため、ローマへの到着時間も出発時間もばらばら。
2泊3日といえども、3人で一緒に観光できる時間は正味1日半、、、という弾丸★女子旅でした。

で、最初に到着したのが私。
2人と合流するまでけっこう時間があったので、1人でブラブラ街歩き♪

まずはスペイン広場へ。
d0163482_1415844.jpg
ここは、いつ来てもすごい人ですね~

小腹が空いたので・・・
d0163482_1414721.jpg
ジェラートを食べたり
ビールを飲んだり(←この写真の後、鳩の群れに襲われました。怖かった)


そうこうしているうちに、3人が無事に合流♪

ホテルで一休みしたら、地下鉄に乗って再びスペイン広場界隈へ。
再会を喜びながら、美味しいイタリアンを!
d0163482_1421633.jpg

ついついお酒もすすみ… すっかり酔っぱらってしまった私。
朝が早かったこともあり、まさかの撃沈↓↓↓
化粧も落とさずに爆睡。 2人が声をかけても、眠り込んでいたそうです。
なんたる失態。


ま、そんなこともありましたが
翌朝は目覚めスッキリ! 青空クッキリ!の観光日和♪

ローマの名所を賢く回ろう!と、
ローマ旅行は2度目の友人をリーダーに、3人で張り切って街へ繰り出しました。
(実は私も2度目のローマ。 前回の記事はこちら

まずはヴァチカン市国内にあるサン・ピエトロ広場へ。
d0163482_142574.jpg
広場を囲む回廊の上には聖人像が140対並んでいます。 いつ見ても圧巻だ!

ヴァチカン市国内を警備するのはスイス人衛兵さんたち
d0163482_1423789.jpg

この日は日曜日。
最重要観光スポットとも呼べるサン・ピエトロ大聖堂は、さぞかし大混雑と思っていたら・・・
意外に人が少なかったので、無理とあきらめていたクーポラにも登れちゃいました。
d0163482_1422314.jpg

階段、、、 けっこうキツかったなぁ
d0163482_1425152.jpg

クーポラの内側。
d0163482_1423660.jpg
綺麗なブルー。すごく素敵でした。

外へ出てみると・・・
d0163482_1425159.jpg

ローマ/ヴァチカンの街並みが一望できます。
d0163482_143469.jpg

聖人さんたちの後ろ姿も見れちゃった♪
d0163482_1432092.jpg

こちらは大聖堂の中。
d0163482_143531.jpg
だいぶ観光客も増えてきたので、私たちは退散しましょうか。

ってことで
サヨナラ、サン・ピエトロ!
d0163482_1433512.jpg


お次はサンタンジェロ城
d0163482_143222.jpg

ガイドブックにもよく載っている、サンタンジェロ橋から見る城。
d0163482_143526.jpg

橋の上には天使像。その頭上にはカモメさん。
d0163482_143393.jpg


こちらはナヴォーナ広場
d0163482_144810.jpg

噴水の彫刻はインパクト大!
d0163482_1435477.jpg
石像たちに思わず目を奪われます。

ここは市民の憩いの場。カフェやレストランもたくさんあります。
d0163482_1442338.jpg
適当なお店を見つけてランチ♪

楽しいね♪♪♪
d0163482_144919.jpg



さぁ、午後の部スタートです。
ガイド役のお友達のイチ押し!でもあるパンテオンへ。
d0163482_1443870.jpg
一見、野暮ったい感じの古い建築物ですが…

d0163482_1442652.jpg
建物内部へ足を踏み入れて、その素晴らしさに息をのみました。

直径43.2mもあるドーム上部の円形の穴から光が差し込む情景は本当に感動的!
d0163482_1445612.jpg
“天使の設計”とも呼ばれているそうです。

まだ行ったことがない方は、ぜひぜひ訪れてみてください。
d0163482_1444359.jpg
私もイチ押し!です。


長くなったので、前編はここまで~

後編もお楽しみに♪
[PR]
by mpoo1123ex | 2012-11-22 15:50 | イタリア

夏旅行記'09 イタリア編

『夏旅行記'09』 3回目の今回はイタリア編です。

と、その前にクロアチアからイタリアへの移動手段をご紹介。

クロアチアを代表する船会社ヤドロリニヤ(JADROLINJA)のフェリーに
車ごと乗り込んでアドリア海を横断しました。


23時にドブロブニク港を出発。
宿泊したのは二段ベッド、トイレ&シャワー付のキャビン内の船室です。


船内はペットもOK!

船の揺れとエンジン音にちょっとビビリ気味のビーグルズ。

乗船時間は約9時間。
ベッドでしっかり眠れたので快適でした。

そして、翌朝8時にイタリアのバーリ港に到着。

そこから車を北西に走らせローマを目指しました。

ということで、今回はローマヴァチカン市国サン・マリノ共和国をレポートします♪


ローマ Rome


一度は行ってみたいと思っていた憧れのローマ。
でも… ローマは夏に行くもんじゃありませんね。
平均気温は35℃前後。日差しがメチャメチャ強くて、ジリジリと暑かったです。

そんな猛暑の中、汗だくになりながら観光地を巡ってきました。

ホテル近くのサンタ・マリア・マッジョーレ教会

鐘楼の高さは75mあり、ローマで一番の高さを誇ります。

左右の青いドームが可愛らしいサンタ・プデッツィーア教会


レリーフが見事なコンスタンティヌス凱旋門


そして かの有名なコロッセオ

80年に完成された古代ローマの円形闘技場。
収容人員5万人以上を誇る市民の娯楽施設して造られ
猛獣v.s.人間の戦いや闘士の殺し合いが繰り広げられた場所です。

コロッセオをバックに記念撮影

バテバテなビーグルズ。この表情からも暑さが伝わってくるでしょ?

こちらはローマ帝国の政治・経済・宗教の中心地だったフォロ・ロマーノ

紀元前6世紀には建設が開始されていたと云われています。
共和政時代〜帝政ローマ時代に最も栄えましたが
蛮族の侵入などにより中世には姿を消してしまいました。
19世紀に入り遺跡の発掘が開始され、現在のような姿になったそうです。

ローマの中心地にそびえ立つヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂

白大理石の壮麗な建物は圧巻です。
初代国王ヴィットリオ・エマヌエーレ2世によるイタリア統一を記念して
1911年に完成したそうです。

記念堂をバックにヴェネツィア広場で一休み

「あぢぃ〜(暑い)」と喋り出しそうなビーグルズ。

さて、こちらはクイリナーレ宮殿です。


イタリア大統領の官邸だそうですよ。


玄関前には警備の警察官と、こんなパトカーが…

可愛えぇ〜 オモチャみたいです。

そして、やってきましたトレヴィの泉

観光客で大賑わい!皆さん、後ろ向きでコインを泉に投げ入れています。


なんといっても彫刻が見事!
中央に立つのは海神ポセイドンですって。

こちらはサンタ・マリア・イン・コスメディアン教会


『ローマの休日』の名シーンに登場した…

真実の口がある場所です。
お決まりの記念写真(口に手を入れてニコリ)を撮るために長蛇の列ができていました。
それを横目に… 隙を見て撮ったのが↑の写真です。

こちらも『ローマの休日』でお馴染みのスペイン広場

ヘップバーンがジェラートを食べながら階段を降りてくるシーンが印象的でしたが…
現在は階段での飲食は禁止だそうです。

ナヴォーナ広場
の噴水 ネプチューン(左)と四大河(右)

バロック期に活躍した彫刻家ベルニーニが建設したそうです。


さて、ここからはローマの“食”をご紹介♪

ホテル近くのリストランテRistante da Robertinoにて。


ビールはサルデーニャ島のビールichunusa(イクヌーサ)。

やっぱり暑い時はビールですな。

「ホテルの近くでワンコ連れOKだから」という理由で
何の気なしに このリストランテに入ったのですが、美味しくてビックリ!

前菜:トマトとモッツアレラチーズ
パスタ:ボロネーゼのフェットチーネ(上)とタコ入りペペロンチーノ(下)

モッツアレラチーズは新鮮&コクがあったし
パスタはアルデンテでとっても美味しかったです♪ ボーノ ボーノ。

別腹デザートはティラミス!

濃厚で美味しかった〜!
濃〜いエスプレッソによく合いました。

ランチではナヴォーナ広場のトラットリア Navona(ナヴォーナ)に立ち寄りました。

パラソルの下でビーグルズも一休み。

この日も暑かったので… やっぱり生ビール!

北イタリアのプレミアムビールForst(フォルスト)。
南アルプス山脈から流れ出る湧水で作ったライトビールは とても飲みやすくて
ゴクゴク飲んじゃいました。

ここで食べたのはピッツァ・カプリチョーザとカネロニ。

本場のピッツァはやっぱり美味しい!
ローマ風のピザ生地はパリッとサクサクです。
カネロニとは太ーい筒状パスタの中に詰め物をした料理のこと。
トマトソース&チーズたっぷりですごく美味しかったです。

「ローマの食事はイマイチ…」と聞いていたので、あまり期待してなかったのですが
行ったお店はどこも美味しくて感激! 本場のイタリアンの味を満喫できました。


さて、ローマを観光しての感想は… ローマの休日、夏は避けるべし!
とにかく暑くって 外へ出るだけで汗がふき出てきます。
観光客も多くて、どこへ行っても人でごった返している感じ。
見どころたくさんで楽しいけれど、暑さでヘロヘロになります。


ヴァチカン市国 Citta del Vaticano


ローマの中にある面積44ヘクタール、人口1000人の小国。
カトリックの総本山として、礼拝に訪れる信者は後を絶ちません。

こちらが サン・ピエトロ大聖堂

美しい建物はイタリアン・ルネッサンスを代表する建築としても有名です。

サン・ピエトロ広場のドーリア式の円柱も見事です。

全部で284本もあるそうです。

屋根部分には140人の聖人像が並んでいます。



聖天使が舞い降りたという逸話が残る城塞 サンタンジェロ城

手前の橋にはベルニーニ作の天使の像が並んでいます。

小国ながら見どころがいっぱいで、博物館のような街でした。
サン・ピエトロ大聖堂をはじめとするサン・ピエトロ広場の風景には圧巻!
さすが世界に約8億人いるといわれているカトリックの総本山ですね。


サン・マリノ共和国 Repubblica di San Marino


301年に建国された、世界最古の共和国。
岩山の山頂にあり、街全体が自然の要塞となるため
小さい国ながら他国から侵攻されることなく独立国家として残ってきました。

崖の上にそびえる要塞


渓谷や平野、アドリア海など、美しいパノラマが広がっています。

曇り空で見晴らしがイマイチですが…

ちょっと立ち寄っただけで、じっくり街歩きができませんでしたが
街のあちこちに要塞がそびえ立っていて、面白い景観でした。


以上、『夏旅行記'09 イタリア編』でした。
次回はいよいよ最終回。『フランス&ドイツ編』です。お楽しみに♪
[PR]
by mpoo1123ex | 2009-08-21 21:30 | イタリア