旅の思い出、詰め合わせ。


by mpoo1123ex
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2008年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

When The Ice Melts

Maandag 25 Augustus 2008


車で40分ほどのライデンという都市へ行ってきました。

1

オランダの一流国立大学、ライデン大学の所在地で
運河沿いの風景がとても素敵な街です。

街なかには大きな風車があります。
2
オランダらしい風景ですね。


さて今回の目的は、ライデンの国立民俗学博物館で開催されている
“When The Ice Melts”という展示会を見に行くこと。
3


マスコット(?)の白熊くん。
4


これは地球温暖化に関する展示会です。
8
"When The Ice Melts" 「氷が溶けた時(地球はどうなるか?)」


地球温暖化により北極圏の国々のライフスタイルが変わりつつあるとか
北極の氷が激減して動物たちがどんどん命を落としているとか
このまま温暖化が進むと地球はどうなってしまうのかとか…。
写真や映像、展示物で解説されています。

9


絶滅の危機に瀕している北極圏の動物たちも展示されていました。
10
アザラシ うちのルーシーにそっくり!?


こういう事実やデータを見せつけられると本当に不安になりますね。
『不都合な真実』という映画を見た時も同じ気持ちになりました。

温暖化の加速を肌で感じる今日この頃。
世界各地で気温が上昇。そのうち日本も熱帯気候になるのでは?
人間や動物たちが暮らせなくなる地域も増えてくるでしょう。
本当に地球はどうなってしまうんでしょうか!?

考えれば考えるほど怖くなってきます。
悪化する一方で改善されることはないのかな?
改善はできないとしても止めることはできるのかな!?
何かしたいけど、何から始めていいのか分からない。
そんな もどかしさを感じてしまいました。


<おまけ>

民俗学博物館なので“日本”民族を紹介するコーナーがありました。
5


大仏 発見!
5


鎧兜(よろいかぶと)も。ちょと恐い。
7
ガラスに反射した私の影が心霊みたい…。ギャー[emoji:v-393]


博物館のHP↓
Museum Volkenkunde, Leiden

[PR]
by mpoo1123ex | 2008-08-25 21:00 | オランダ
旅レポート最終回です。
ここまで読んでくれた皆さん、どうもありがとうございます。

ではさっそく 最終回スタート!


DAY4: Copenhagen - Odense - Bremen 589km



オーデンセから無事にブレーメンに到着!

これがブレーメン中央駅です。大きくて立派な建物でした。
1



こちらが世界遺産に登録されているブレーメン市庁舎。
5


市庁舎の前に「ブレーメンの音楽隊」の像が立っています。
2

3
ロバの前足を撫でると幸せになれるそうです。
って教えてあげたのに、なぜか後ろ足を撫でて満足げに戻ってきたダンナくん。
「みんなが触ってないところの方が、ご利益がありそうじゃん!」だって。
でも、こっそり前足も撫でていたのを私は見たぜ。

ところで皆さんは『ブレーメンの音楽隊』の物語を知っていますか?

 年を取ったロバ、イヌ、ネコ、ニワトリは仕事ができなくなり
 音楽隊になろうとブレーメンを目指します。
 途中で泥棒に出くわした動物たちは自分たちの特徴を生かし
 力を合わせて泥棒を退治する… という話。
 
私が読んだ絵本では、動物たちが大きな影を作り
みんなで一斉に鳴いて泥棒を驚かす… だった気がします。
こんな感じで↓

4
ヒヒーン、ワンワン、ニャーニャー、コケコッコー!

実は… 結局 動物たちはブレーメンには辿り着いていないんですって!
でもタイトルの影響でブレーメン市を象徴する存在となっているそうです。


街なかには 音楽隊の像があちこにありました。
6
アメリカンな音楽隊!?

7
こちらはサッカー場の上に立っています。
ネコがサッカーボール柄だ!

9
こっちもカラフルね。

8
音楽隊をモチーフにしたお土産がたくさんありました。
我が家も陶器の置物を買っちゃいましたよ。


さて、音楽隊ネタはこのぐらいにして
観光スポットの紹介に戻りましょう。


こちらが平和と権利のシンボル、ローラント像。
10


ローラント像&市庁舎の2ショット。
11



マルクト広場です。
12


13



ふたつの塔が目印の聖ペトリ大聖堂。
14



オシャレなお店が立ち並ぶベットヒャー通りの入口。
23



入り組んだ細い路地にレストランやカフェが並ぶシュノーア地区。
15


ここにあるベックス・イン・スノーアでブレーメンの家庭料理を食べました。

こちらはブレーメン産ビール ベックス。
16


私はポークのクリーム煮&5種類のパスタ。
17


ダンナくんは… よくわかりません。
18
メニューにstew(シチュー)と書いてあったので頼んでみたら…
コンビーフみたいな、挽肉みたいな… 不思議な料理が出てきました。
でも実はとっても美味しかったです。

デザートまで食べちゃった♪19
アップルパイのバニラアイス(溶けて熱いソース状になってます)がけ。


この後、さらに食後のワインをいただきました。

市庁舎の建物の地下にあるワインレストラン、ラーツケラーへ。
16


店内はこんな感じ。
17


店員さんのお薦めワインです。(名前は覚えてません。。)
18

19


いやぁ、鋼鉄の胃袋を持つ私も
さすがに食べ過ぎ&飲み過ぎでヘロヘロになっちゃいました。
連日の暴飲暴食がたたったのかなぁ。


さて翌日。いよいよ旅行最終日です。
この日も朝からせっせと観光に出かけました。

オランダ在住の私たちは風車を見慣れているんですけど…
20
旅先で見る風車は また格別。


風車の横には美しい花々の並ぶ花壇が。
21



「笛吹き男とブタ」の像。
24


ビーグルズも興味津々。
25



はい、以上でブレーメン観光はおしまいです。
お昼過ぎに帰路に着きました。


Bremen - Amstelveen 365km



今回の旅行、見どころがたくさんありすぎて
とにかく忙しい旅行でした。でも楽しかったです。
美味しいものもたくさん食べたし、旨いビールもたくさん飲んだし♪

あぁ〜 やっぱり旅行って楽しいですね。
次はどこへ行こうかなぁ♪


<おまけ>

私のお気に入り写真をご紹介。

1.空の色と音楽隊の影がいいでしょ?
26


2.夕焼け空がステキ!
28



以上、夏旅行'08②のレポートでした。
[PR]
by mpoo1123ex | 2008-08-19 20:08 | ドイツ
コペンハーゲン2日目のレポートです。
この日も観光名所巡りに大忙し!でした。


Day3: Copenhagen



まずは国立美術館。
1
国内最大規模。ピカソやムンクなど大御所の作品も収められているそうです。


ローゼンボー離宮。
2
地下には歴代国王の宝物殿もあります。

3



デンマークで最も有名な 人魚姫の像です。
5
モデルはバレエ『人魚姫』を演じたプリマドンナ。

人魚姫なのに足があります。
6
モデルのプリマドンナの足があまりに美しかったので付け加えてしまったんだって。
今までに首や腕を切り落とされたり爆破されたりしましたが
その都度修復されてきたそうです。


こちらは途中で見かけた住宅(アパート?)です。
ものすごく長〜い平屋でしょ!?
4



さて、この日のランチはデンマーク名物 スモーブローを食べました。
スモーブローとは具だくさんのオープン・サンドイッチのこと。
スモーブロー専門店のイーダ・ダヴィッドセンへ行きました。

私はサーモン&海老&イクラをチョイス。
9


ダンナくんはスモークサーモン&キャビア。
10
具の下にパンが隠れてます。

お店の中には具が並べられたショーケースがあり
その中から好きなものを選んで注文します。
8


店内はワンコもOK。
ビーグルズはテーブルの下で利巧にしておりました。
19



ランチの後はアマリエンボー宮殿へ。
20
現在も女王の居城として使われています。

城を守る衛兵の交替式が行われていました。
21



続いてはクリスチャンボー城。 現在、一部修復中。
22
コペンハーゲン発祥の地。
大主教がここに城を建て、コペンハーゲンの基礎を築きました。
現在は国会議事堂や裁判所として使われています。


以上でコペンハーゲン観光は終了。
けっこう歩き回りました。この一日で10㎞くらいは歩いたはず。
さすがに疲れたなぁ〜〜〜。


そして翌日。
童話作家アンデルセンの故郷 オーデンセを観光しました。

Day4: Copenhagen - Odense


オーデンセはフュン島にあり、コペンハーゲンのあるシェラン島からは
グレートベルト・リンクという全長18㎞の大吊り橋を渡って行きます。
24


これはアンデルセンが子供時代を過ごした家。
25
狭い部屋に家族全員で慎ましく暮らしていたそうです。


ほかにもアンデルセン生家やアンデルセン博物館など
アンデルセンにちなんだ施設がいくつかあります。

あのアンデルセン童話の原点というのも納得できる
落ち着いた雰囲気の町でした。


さ〜て、いよいよ旅の終盤です。次はブレーメン。
次回は感動の(?)最終回ですよ。お楽しみに♪
[PR]
by mpoo1123ex | 2008-08-18 17:55 | デンマーク
旅レポート2日目です。
ハンブルクから 旅のメインであるコペンハーゲンを目指しました。

今回も盛りだくさんなので
2回に分けてレポートしたいと思います。


Day2: Hamburg - Copenhagen 313km



ドイツのプットガルテン(Puttgarden)から
デンマークのロービュ(Rødby)まで、車ごとフェリーで移動しました。

1
フェリーに入っていきます。

所要時間は45分。車から降りて船内で過ごすことができます。
免税店などもあり ショッピングも楽しめるんですよ。

2
デッキは風が強くて寒かったので すぐに退散。

私たちは やっぱりこれ↓
3
ビールを飲んでソーセージ&ポテトを食べて、しばし歓談。


そして、ついにデンマーク上陸!
4


ここから1時間半ほどでコペンハーゲンに到着しました。

コペンハーゲンはデンマークの首都で
スカンジナビア最大の港湾都市です。

歴史的建造物や教会、博物館、美術館などがあちこちにあり見どころいっぱい!
ホテルにチェックイン後、すぐに市内観光へ繰り出しました。


こちらがコペンハーゲン市庁舎。
5


ストロイエと呼ばれる町の中心部。
6



お馴染みのロイヤル・コペンハーゲンもここにあります。
7



こちらはギネス博物館です。
8
ギネスブックにのった記録を展示した博物館。
入り口のマネキンは世界最高身長の等身大でしょうね、たぶん。デカッ!


デンマーク王立バレエも上演される王立劇場。
9



人気の観光スポット、ニューハウン。
人工の入り江に古い建物が立ち並ぶレストラン&ショップ街です。
10


こんなカロリーの高そうなアイス食べちゃった♪
11


ニューハウンのメインストリートにある
ニューハウン・ファーゲクロでディナーを食べました。
12


こちらはデンマークを代表するビール、ツボーです(日本では通称ツボルグ)。
13
デンマーク産でもう1つ有名なのは、カールスベア(日本では通称カールスバーグ)。
私はツボーの方が好きです。

これはデンマークでポピュラーな飲み物、アクアヴィット。
本来は食前酒として飲むそうです。
16
ジャガイモから作られた蒸留酒。アルコール度数40度です。
デンマーク人はビールをチェイサーにして これを飲むんだって!
一口飲んでみたら喉がカーーーッと熱くなりました。
ダンナくんは「旨い!」と言ってチビチビ飲んでましたよ。


さて、お料理のご紹介。

14
サーモン・ステーキ。
北欧の定番料理だそうです。ソースはバジル風味。

5種類のニシン料理盛り合わせ。
15
ヨーロッパでは定番のニシンですが、マヨネーズ和えや塩辛風味など
変わった味も楽しめました。


1日目はここまで。
この日も食べ過ぎてしまったダンナくん。
ついにお腹を壊してしまいました。
ちなみに私は全然平気でした。女は強し!


<おまけ>

ヌードル・ショップを発見。その名もwagamama(ワガママ)。

17
いわゆるラーメン屋さんですが、ラーメン以外にも素うどんから焼きそばまで
種類豊富に取り揃えてあるみたいです。
私たちは入らなかったけど、店内はけっこう混雑してましたよ。

それにしても「ワガママ」って…。変わったネーミングですな。
[PR]
by mpoo1123ex | 2008-08-17 05:43 | デンマーク
お待たせしました!?
記憶が薄れないうちに夏旅行第2弾のレポート始めま〜す。

今回の旅では ハンブルク 〜 コペンハーゲン 〜 ブレーメンを巡りました。
3都市とも湾岸に位置する貿易都市です。

単なる偶然かと思っていたのですが
実は“港好き”のダンナくんの策略だったようです。
貿易船やコンテナーを見ながら目を輝かせていたダンナくん。
とっても楽しそうでした。でも写真撮りすぎですから…
「何枚撮ってるの!」と思わずツッコミを入れたくなるほど
パシャパシャと写真を撮っておりました。

さて、今回の走行距離は1,735km
メインは北欧デンマークのコペンハーゲンです。
往路はフェリーでフェーマルン海峡を渡って北欧入り
復路はグレートベルトリンクという吊り橋を渡って帰ってきました。

それでは早速 Day1からレポートしていきます!


Day1: Amstelveen - Hamburg 468km



まず向かったのはハンブルク。
実はドイツで2番目に大きい大都市です。
ヨーロッパで最大級の荷揚げ量を誇る港町。
ガイドブックいわく“活気溢れる大都会”だそうです。


確かに そう言われてみれば…
都会っぽい感じはしました。
1
オシャレな若者がたくさんいましたよ。


こちらはハンブルク中央駅の構内です。
2



あ!さっそく見つけちゃった♪
3
ビア・バー


Konig Pilsner & Holsten Premium
4
ドイツビール最高!


ドイツといえば… こちらも外せません。
11
ソーセージ♪


ちゃんと市内観光もしてきましたよ!


聖ヤコビ教会。
5
ここには、バッハが演奏したこともある
歴史的なパイプオルガンが残されているそうです。


内アルスター湖。
6
人工の湖。市民の憩いの場でいつも賑わっているそうです。


市庁舎。
7
大きくて豪華な建物です。
目の前の市庁舎広場は町の中心で、レストランやカフェが立ち並んでいます。


倉庫街。
9
横浜の赤レンガを思い起こさせます。

レンガ造りの建物群。情緒があっていい感じ。
10



ハンブルク港。
8
世界各国から500t以上の船が発着する巨大な港です。


最後は聖ミヒャエル教会。
ハンブルクを象徴する 街のランドマークです。
13


塔の高さは132m。
82mの所に展望台があり、市内を一望できます。
14


教会が多いですね〜。あちこちに塔が見えます。
15



この日のディナーはスペイン料理。
ハンブルク港から仕入れたという魚の盛り合わせはボリューム満点でした。
(写真がなくてごめんなさい)

そして… ダンナくんは食べ過ぎで撃沈↓。
お腹がいっぱいで苦しくて、ホテルに着くなりバタンキューでした。


Day2へ続く。。。
[PR]
by mpoo1123ex | 2008-08-16 21:19 | ドイツ

ただいまっ!

Donderdag 14 Augustus 2008

ただいまっ!
無事に旅行から帰ってきました。

今回は警察に止められることもなく
事件も事故もケガも病気もなく
楽しい旅を満喫できました。

旅のレポートは また少しずつアップしたいと思います。
楽しみにしていてくださいね♪



ビーグルズも ご満悦!?
[PR]
by mpoo1123ex | 2008-08-14 19:56 | 未分類

また…

Zaterdag 9 Augustus 2008

また… 旅に出てきます。

ダンナくんが急きょ休みを取れることになり
「よし、行くぞ!」ってな感じでポポンッと決まりました。
もちろんビーグルズも一緒です

今回は ハンブルク(ドイツ)〜 コペンハーゲン(デンマーク)〜
ブレーメン(ドイツ)を巡ってきます。

メインのコペンハーゲンは歴史的建造物や美術館&博物館が点在する町。
見どころがたくさんあって楽しい旅になりそう♪
(美味しいデンマーク・ビールもあるしね♪♪)

また、写真をさくさん撮ってきますね。
前回の反省(ビールの写真が多すぎ)を踏まえて
今回は風景写真にもっと力を注ぎたいと思いますっ!

さてさて、どんな珍道中になることやら!?
また警察に止められませんように…

では、いってきま〜す♪
[PR]
by mpoo1123ex | 2008-08-09 04:07 | 未分類
いよいよ 夏旅行'08レポートの最終回です。

ルクセンブルク観光の後、郊外の町ヴィアンデンへ向かいました。


Day5: Luxembourg - Vianden - Amstelveen  403km



ヴィアンデンは古城が残る ウール川沿いの町です。
ルクセンブルクに滞在経験のあるNestさまから教えていただきました。

日本のガイドブックにはあまり取り上げられていない
こじんまりとした町ですが、緑も多くて景色が美しく
川沿いに並ぶレストランやカフェも可愛らしくて
とても素敵な所でした。

1


石畳の道も情緒があってオッシャレ〜。
6


ビーグルズも楽しそう♪
2


可愛らしい教会。
7


可愛らしいホテル。
8


可愛らしい観光用カート。
9


あぁ〜 何もかもが可愛いらしい![emoji:v-10]


この古城がまた素敵でしょー。
3



さて、この日も暑くて…
川沿いのカフェでビールを飲みました。
もういい加減しつこいのでビールの写真は自粛。。。

テーブルからの眺めが最高でした!
4

暑いけど、なんだか涼む〜。

ヘロヘロ ビーグルズ。
5



ヴィアンデンは本当に素敵な所でした。
ダンナくんも「今回の旅で一番癒やされたぁ」と言ってました。

町へ向かう途中にキャンプ場を発見。
大自然の中で寝泊まりして昼間はヴィアンデンのカフェでまったり…
なんてバケーションもいいなぁと思いました。
ぜひぜひ また行きたい場所です。

Nestさま、お薦めしてくださって本当にありがとうございました!


さて、ヴィアンデンを午後3時ごろに出発。我が家を目指しました。
帰ってきたのは午後6時半ごろ。

またもや喉カラカラ&お腹ペコペコだったので…
近くのカフェでビール&ディナー。
最初から最後まで ビール!ビール!ビール!な私たちでした。

ただいま」で報告したとおり
飲んで、食べて、歩いて、また飲んで… の旅だったことは
お分かりいただけたかと思います[emoji:v-391]


以上で夏旅行'08のレポートはおしまい。
最後まで読んでくださった方、お付き合いありがとうございました。
[PR]
by mpoo1123ex | 2008-08-07 02:54 | ルクセンブルク
今日も引き続き 夏旅行'08のレポートです。
皆さん、お付き合いありがとうございま〜す。

さて、プラハに別れを告げ、向かうはルクセンブルク!


Day4: Prague - Luxembourg  752km



移動の1日でした。
午前10時ごろにプラハを出て
ルクセンブルクに到着したのは午後7時ごろ。

この日、実はまた交通警察に止められてしまったんです。
高速でプラハの国境を越えてドイツに入国した直後
いきなり覆面パトカーが私たちの車の前に割り込んできて
脇道に誘導しました。

私服(Tシャツにジーパン)のドイツ人警察官が2人出てきて
説明も何もなしに「パスポートを出しなさい!」って。

とりあえず2人分を渡したら警官Aはパトカーに戻り何やら調べ始めました。
警官Bはダンナくんに「リアハッチを開けなさい」と。
ハッチが開いた瞬間、ビーグルズ[emoji:v-286][emoji:v-286]が吠え出して、ビビる警官B。

何もチェックせずに「し、閉めていいよ[emoji:v-404]」だって。
犬がかなり苦手みたいでした。ビーグルズに救われたかも!?
いや、何も隠し持ってませんけどねー。

そして20分ほど その場で待たされた後
警官Aが「もう行っていいよ」とパスポートを返してきて
ABとも車にさっさと乗り込み行ってしまいました。

その場に残された私たち…

 ちょっと!何だったのよー!?説明しないさいよぉー![emoji:v-403]

今回の2人組は本物の警察官だったようですが
これがカージャックやテロリストだったら怖いなーと思いました。
脇道で何をされても、助けも来ないしねー
「カネを出せ!」とか言われたらホイホイ出しちゃいますよ、きっと。

ま、何もなかったのでヨシとしましょう。


そんなこんなでルクセンブルクに到着。
例のごとく、喉カラカラ&お腹ペコペコだったので
ホテルにチェックイン後、カフェやレストランが立ち並ぶパリ広場へGO!

まずはお約束のビール!
1
ルクセンブルク産ディーキルシュ。

エスカルゴ
2
すごい油&ガーリック!
でもパンにつけると美味しい!

ルクセンブルク風サラダ
3
どこがどう“ルクセンブルク風”なのだろうか!?

ディナーを食べた後はホテルに戻って、すぐに寝てしまいました。


そして翌日。。。
午前中はルクセンブルクを散策。

♪今日もいい天気〜♪
4
空が澄んでいて、とってもキレイなブルーでした。

まずはホテルのある新市街を散策。緑がいっぱいで癒されます。
5


ルクセンブルクは渓谷に囲まれた“堅牢な要塞都市”と呼ばれる都市ですが
これも要塞の名残りかな!?
6


旧市街のノートルダム大聖堂からは美しい鐘の音が聞こえてきました。
7



新市街と旧市街を結ぶアドルフ橋です。
8


シングルアーチの美しい橋。9
高さ43m、長さ84mです。


旧市街には観光客を魅了するランドマークの数々がありました。

憲法広場にそびえ立つ女神像。
10
高さ40m。

こちらは大公が執務する館 大公宮。
11


門には大公家のエンブレムが。
12


崖の上に築かれた要塞、ボック。
13


1621年に創設されたノートルダム大聖堂。
14


堂内のステンドグラスの美しさにうっとり。
15


美しい鐘の音をお聞きください。 [emoji:i-250]音量に注意[emoji:i-250]










横向きですんません[emoji:v-389]


ルクセンブルクは自然が多くて空気もきれいな所でした。
見どころもたくさんあり期待以上に楽しめました。

カフェも多くて、店員さんも明るく気さくな人ばかり。
大自然を眺めながらカフェでまったりがキモチよかったです。

もう少し時間をかけて ゆっくり街を巡ってみたかったなぁ。
ノートルダム大聖堂の鐘の音、本当に素敵でした。

以上、ルクセンブルクのリポートでした。
この後、ルクセンブルク郊外の街ヴィアンデンへ向かいました。

いよいよ次回は最終回で〜す。
[PR]
by mpoo1123ex | 2008-08-06 03:32 | ルクセンブルク
まだまだ続くよ、夏旅行'08レポート。

今日はプラハ編②をお届けします。


Day3: Prague



2日目の朝、まずはビーグルズの散歩へGO!
すっかりお馴染みの旧市街広場へ。
1


向こうからビーグルがトコトコと近付いてきました。
やっぱり同じ犬種同士、気になるのでしょうか!?2
それにしてもデカッ
オランダで会ったビーグルもそうでしたが
ヨーロッパのビーグルって顔も体も巨大だし
おっとりしているので、中におっさんが入ってるみたい…
何だか笑っちゃいます。


散歩を終え、朝食もしっかり食べて
プラハ市内を流れるウルダヴァ川方面へ向かいました。
5
♪今日もいい天気〜♪


こちらに見えますのが、街のシンボル カレル橋でございます。
3


あちらに見えますのが、街の中枢 プラハ城でございます。
4


まずはプラハの一大観光名所、カレル橋を渡ることに。
こちらが橋塔です。
6


橋の下に広がるウルダヴァ川。
13


橋の欄干には30体の聖像彫刻が。
こちらはキリストの像です。
7


橋の上は大混雑でした。
12


天気も良くて気温も高く、ビーグルズはヘロヘロに。
8
こまめに休憩を取りながら歩きました。


街角のレストランに不気味な人形が!
9
ちょっとビビったぜ。


次に向かったのはプラハ城。
この階段が けっこうハードでした。
10


でも、頂上からの眺めは最高!
11


大変!あまりの暑さにプラハ城の写真を撮り忘れていました。
せっかく頑張って階段を上ったのに… 私ってドジです。

とりあえずカメラに残っていた写真です。
14

15


赤レンガの家並みはプラハならではの風景。
16



市街に戻り、ヴァーツラフ広場の老舗カフェで一休み。
暑さで喉がカラカラ。「とりあえずビールで!」
17
気づいた時には半分になっていました。
ちなみにこちらはチェコ産のバドワイザーです。

そして、チェコの伝統的スイーツ パラチンキ を食べました。
18
いわゆるクレープですな。


ホテルに戻り一息ついて(昼寝して)
再びビールを飲みに街へ繰り出しました。(飲んでばっかり)
19
チェコの老舗ビール、スタロプラメンです。

ここポトレフェナ・フサはホスポダ(ビアホール)の1つで
料理もとても充実しています。

ポークリブのBBQソース
20
このナイフは最初から突き刺さってたんですよ。

ソーセージの黒ビール煮&パン
21
ピリ辛で激旨でした!

美味しい食事にお酒もすすみ…
お腹が破裂しそうなぐらい食べて飲んでしまいました。


ホテルへの帰り道、夕暮れの美しい空にうっとり。
22


はぁ〜、プラハって素敵な所だなぁ。
絶対にまた訪れたいです。


<おまけ>

これが噂の“踊るビル”ですってよ。
23
ダンスをする男女を表現しているそうです。
皆さんには そう見えますか!?
[PR]
by mpoo1123ex | 2008-08-05 03:37 | チェコ共和国