旅の思い出、詰め合わせ。


by mpoo1123ex
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

近場のクリスマスマルクト巡り
2日目はベルギー方面へ出かけました。


ベルギーのブルージュ


街全体がクリスマスムードに包まれています。


まずはシモン・ステファン広場のマルクトへ


ここでもまた、グリューワインを飲みました。


続いて、街のシンボルの鐘楼を目指しつつ…


マルクト広場に到着。ここではスケートリンクもある大きなマルクトが開催中です。


美味しそうな食べ物の屋台も並んでいました。


わぁ!綿飴だ!

懐かしぃ〜 縁日を思い出しました。

今回は炒めたタマネギがのったホットドッグと


チーズバーガーを食べました。


お腹がいっぱいになったところでブルージュの街歩きへ。


ブルージュは運河が多く、“水の都”と喩えられる美しい街です。





天気も良くて、水面に映る景色も素敵でした。


続いて向かったのはベルギーのブリュッセル

到着したのは夕暮れ時。


まずは中心地のグラン・プラスへ。


大きなブルーのツリーが素敵♪




ブリュッセル市庁舎は見事なイルミネーションで彩られています。


太陽が沈んだ後は、電飾が夜空に輝いて より一層きれいでした。


色が変わったり、文字やイラストが浮き出たり。見ていて飽きません。



グラン・プラスを出て、サンニコラ教会〜証券取引所周辺のマルクトへ。


ブリュッセルらしい!小便小僧のイルミです。


本物はこちら。

あら?こんなに寒いのにスッポンポン?
雪もかぶっちゃって寒そう〜。
サンタさんの衣装でも着せてあげればいいのに…

こっちはサンタ帽を被った等身大のチョコレート小僧です。

リアルで ちょっとキモい。


今年はたくさんのクリスマスマルクトを巡ることができ
ヨーロッパのクリスマスを満喫できたような気がします。

グリューワインを何杯飲んだかしら?[emoji:v-391]
[PR]
by mpoo1123ex | 2009-12-22 19:00 | ベルギー
クリスマスマルクトの魅力にすっかりハマったダンナくんに連れられ
氷点下の寒〜い中 近場のマルクト巡りをしてきました。

まずはドイツのケルン

ケルンは、たくさんのクリスマスマルクトが開かれることで有名です。

街のシンボルである大聖堂前にも大規模なマルクトが。




サクサクと回って、大聖堂に別れを告げ…


次に向かったのはライン川方面。
目指すは、珍しい船上のクリスマスマルクトです。




その後は旧市街のマルクトへ。


こちらも、たくさんの人で大賑わい。


スケートリンクも大盛況です。



ケルンのマルクトは食べ物がとても充実していました。
食いしん坊の私たちを惑わす、美味しそうな屋台がた〜くさん!

炭火で焼かれたソーセージ、ハンバーグ、サーモン、ステーキなどなど。

かなり迷いましたが、けっきょく私たちが食べたのはこれ。

ドイツのクリスマスマルクトの定番、ライベクッヘン。
ジャガイモと玉ねぎの揚げ物。ハッシュドポテト&かき揚げのような食べ物です。
ドイツ人はリンゴのソースで食べるそうですが… 私たちはケチャップにしました。

こちらはマッシュルームの煮込み。

ソースはサワークリーム。
噂には聞いていましたがメチャメチャおいしい!
私もダンナくんも一口で虜になってしまいました。

もちろんグリューワインも飲みましたよ。



ひとしきり食べて飲み…
次に向かったのはドイツのデュッセルドルフ。私は昨年に続き2度目です。

デュッセルドルフでは、数ヵ所でマルクトが開催されています。
人の流れについていきながら、いくつかのマルクトを巡りました。






こちらが一番華やかなマルクト広場。




ソーセージを食べて…


またまたグリューワインを飲んで…


最後はラーメン屋『』で〆る!

<上>特上味噌ラーメン <下>五目旨煮ラーメン

私のお目当ては、実はこのラーメン[emoji:v-391]
デュッセルドルフに来たら食べずには帰れませんわ。


そんなこんなで、満腹&満足のクリスマスマルクト巡り1日目でした。
2日目はベルギーのブルージュ&ブリュッセルを巡りました。
次回へつづく…
[PR]
by mpoo1123ex | 2009-12-21 20:49 | ドイツ
前回のクリスマス・マルクトのリーポートに続き
ニュルンベルク
の街並みをご紹介しま〜す。

ニュルンベルクはドイツのバイエルン州にあり
州都のミュンヘンに次ぐ大きな都市です。

中心部(旧市街)は全長5kmにわたる城壁で囲まれ
昔ながらの木組みの建物が立ち並ぶ中世のような街並みが広がります。




ライトアップされた夜の風景も素敵。



こちらは街のランドマーク、カイザーブルク

神聖ローマ皇帝が滞在した古城だそうです。

立派な門!



高台にあり、ニュルンベルクを一望できます。


ここから坂道を下って旧市街へ。





中央広場の手前に立つ聖セバルドゥス教会


中央広場の東側にはフラウエン教会がそびえ立ちます。


中央広場を彩る美しの泉

八角形のピラミッド上に40の像が飾られた、高さ17mの塔です。


町のメインストリート、ケーニヒ通りに立つ聖ローレンツ教会

200年以上かけて建てられたゴシック様式の巨大な教会。

パリのノートルダム寺院を思わせる美しいバラ窓が目を引きます。



観光の合間にビアバーで一休み。
観光客に人気のBarfuBerに立ち寄りました。


地ビール&ソーセージ

マルクトでも食べたニュルンベルガーソーセージ
ニュルンベルクの特産物であるマジョラムを使った添加物ゼロのソーセージだそうです。


ニュルンベルクといえば、レープクーヘンの本場としても有名!
レープクーヘンとは、ハチミツ・香辛料、果物の皮・ナッツ類などの入った焼き菓子のこと。
ケーキとクッキーの中間のような食感が特徴です。
『ヘンゼルとグレーテル』に出てくる“お菓子の家”も、このレープクーヘンでできているとか。

クリスマス・マルクトの屋台で見かける、こちらの巨大クッキーもレープクーヘンです。

でも、これは飾り用なので固くて食べにくいそうですよ。

こちらはレープクーヘンの老舗Lebkuchen Schmidt


お土産に人気だそうです。


でも、私が買ったレープクーヘンはこちら。

ニュルンベルクのWicklein社のNurunberger Elisen-Lebkuchen

ドイツ/フランクフルト在住のりなちゃんが教えてくれました。
ドイツ語の先生のオススメだそうです。

スーパーで買って、朝食に食べました。
「甘そうだなぁ〜」と思ったけど意外にあっさり。
香辛料がきつくないし、食べやすくて美味しかったです。


以上、1泊2日のニュルンベルク旅行のリポートでした。
食べて飲んで、大満足♪
ニュルンベルクを満喫できました。

ちなみに、ウチからニュルンベルクまでは片道約700km。
今回も1人で運転を頑張ってくれたダンナくんに感謝です。お疲れさま〜



<おまけ>


ニュルンベルクの街角で見かけた 微笑ましい光景をご紹介。

①中世の衣装を着た客引きカップル

左の人は女性?男性??

②大道芸人サンタ&助手(ワンコ・サンタ)

ワンコの帽子、可愛い!ちゃんと耳が出ています。

③警官から職務質問を受けるシンタクラース

うそ。本当は 寄付金を集めているだけでした[emoji:v-391]
[PR]
by mpoo1123ex | 2009-12-08 18:19 | ドイツ
“クリスマスの町”とも呼ばれ 大規模なクリスマス・マルクトが開催されることで有名な
ドイツのニュルンベルク
へ行ってきました!

ということで、まずは“ドイツ最大”と名高いクリスマス・マルクト
Nurnberger Christkindlesmarkt
をリポート!


現地に到着したのは日が暮れてからでしたが
雨も上がり、会場は大勢の人で賑わっていました。

メイン会場の中央広場。
左に見えるのは美しの泉、右奥に見えるのはフラウエン教会です。

メイン会場の近くには子供用のマルクト、Kinder Weihnachtもあります。



さっそく、メイン会場の散策開始!
夜のマルクトはイルミネーションが綺麗で、なんだかワクワクします♪

人、人、人で大混雑。
さまざまな屋台が所狭しと並んでいて、一周するのが大変でした。

お店の数も品数も とにかくスゴイ!





ツリーのオーナメントやクルミ割り人形、木製オモチャ、クリスマス雑貨などなど…

こちらはクルミ&プルーンの人形。

おじさんと人形の顔がソックリに見えませんか?


食べ物のお店もたくさんあって… 食欲をそそられます。

ソーセージやとうもろこし


惣菜パンいろいろ


ドイツ名物レープクーヘンやチョコ菓子、ワッフルなどなど…


でも、まずはグリューワイン!
クリスマス・マルクトといえば、やっぱりこれは外せません。
温めた赤ワインにシナモンなどのスパイスをミックスした飲み物です。

冷えた体が温まります。
お店ごとにカップも違うし、味も違います。飲み比べるのも楽しい[emoji:v-398]


そして、ニュルンベルクはソーセージも“ドイツ一の美味しさ”と言われるほど有名!
小ぶりのソーセージを直火で焼いたものが主流です。
いくつかのお店で食べ比べをしました。

まずは定番のヴルストブレートヒェン(焼きソーセージを丸パンに挟んだもの)

丸パンは固いし、お腹が膨れてしまうのでいらないなぁ〜。ソーセージだけ食べたい。

ということで、今度はザワークラウトの上にのせて…

はぁ〜最高!ザワークラウトも美味しい!

こちらは長さ50cmのロングソーセージのホットドッグ?!

長〜いけど おいし〜い! おいし〜いけど長〜い。
上にかかっているBBQソース&タマネギがイイ感じ。

ハンバーガーも食べました。

ハンバーグは つくね みたいな味。
上にのってるのはケチャップソースで炒めたタマネギ。
ダンナくんが一番気に入ったのはコレでした。

こちらはカリーヴルスト。
油で揚げた肉にカレーパウダーとケチャップソースがかかっています。

脂っこくて、私はちょっと苦手でした。

まだまだ食べたいものがあったのですが… チョコバナナとか、ワッフルとか…
ダンナくんがギブしてしまっため、今回はこれで断念。


ニュルンベルクのクリスマス・マルクト、華やかで活気に溢れていて
期待以上に楽しめました[emoji:v-411]
世界中から たくさんの観光客が訪れるというのも納得です。
オランダ駐在中に また来れたらいいなぁ〜


以上、ニュルンベルクのクリスマスマルクトのリポートでした。
次回はニュルンベルクの街並みをご紹介します。
こじんまりとしていますが、ドイツっぽい建物が立ち並ぶ可愛らしい町です。
どうぞお楽しみに♪
[PR]
by mpoo1123ex | 2009-12-07 18:55 | ドイツ

マーストリヒト観光

ファルケンブルグのクリスマスマルクト散策の後
chakenちゃん
ご夫妻が住むマーストリヒトを案内してもらいました。

まずは腹ごしらえ!?[emoji:v-290]

chakenちゃんご夫妻がお気に入りのイタリアン・レストランにて。

オススメのブイヤベース・スープとパスタ2種をいただきました。

お〜い〜し〜い[emoji:v-405]
ブイヤベースは濃厚で、すっごく良い味でした。パスタの茹で具合も絶妙!
オランダでこんなに美味しいイタリアンは、なかなか食べられませんよ〜
さすがは“グルメな街”と云われるマーストリヒトです!


マーストリヒトはオランダの南東部、リンデンブルグ州の州都です。
オランダ最古の街の1つで、古くからヨーロッパの十字路として栄えました。
ベルギーとドイツの国境に面する“国境の街”で
石畳の小道が残る旧市街や街の中心部を流れるマース川など
情緒あふれる街並みが魅力的です。

こちらは聖セルファース橋。

住宅街と旧市街をつなぐマース川にかかる橋です。

マーストリヒトの守護聖人が眠る聖セルファース教会。


真っ赤な建物が目を引く聖ヤンス教会

赤い塗料は建物の保護とともに、聖セルファース教会の所有であることを
顕示するために塗られたそうです。
かつては牛の血で この赤色を染めたとか…?!

マルクト広場に面して立つ市庁舎。

17世紀に建築された建物。

街の中心部ではクリスマスマルクトが始まり賑わっていました。


そして、この古い建物は

教会ではなく…

本屋さんです。

ビックリ!
古い教会を本屋にして有効活用しているそうです。


マーストリヒトは歴史漂う素敵な街でした。
石畳の道が多く、落ち着いた雰囲気で和みます。

旧市街にはショップやレストランが集まる一角があり
のんびり散策するのも楽しそう。

なんといっても、久々に再会したchakenちゃんご夫妻と過ごす時間が
とても楽しかったです。良い思い出になりました。
マーストリヒトまでは車で約2時間。
実際に行ってみて、その近さを実感でき嬉しくなりました。

今回は短時間の滞在だったので
また今度ゆっくり遊びに来たいと思います♪
[PR]
by mpoo1123ex | 2009-12-01 21:15 | オランダ