旅の思い出、詰め合わせ。


by mpoo1123ex
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ブダペスト旅行記 後編

ブダペスト旅行記後編です。

聖イシュトーヴァン大聖堂
d0163482_2213332.jpg
ブダペスト最大の大聖堂。
ハンガリー初代国王イシュトヴァーンが祭られています。

聖堂内
d0163482_222025.jpg

天井
d0163482_2221677.jpg

主祭壇
d0163482_2244695.jpg
この時はミサの最中でした。

街なかから
d0163482_2211818.jpg
存在感がありますね~


国会議事堂 
d0163482_17503230.jpg
総面積約1万8000㎡にも及ぶ広大な建物。
大きすぎて、全体を撮るのが大変です。
この写真はナイトクルーズの時に撮りました。


英雄広場
d0163482_2252460.jpg
マジャル人のハンガリー建国1000年を記念して造られた広場。

高さ35mの記念碑の頂上には大天使ガブリエル像
d0163482_2255119.jpg

マジャル族の首長アールパードの像と
d0163482_2262098.jpg
彼を囲むように7部族の長の像が並んでいます。


オペラハウス
d0163482_22646100.jpg
ハンガリー・オペラの殿堂。
7月・8月を除くほぼ毎日、オペラなどが上演されているそうです。


中央市場
d0163482_2272015.jpg
市内最大の屋内マーケット。

なぜか「日本の日」で、刀や兜など日本のものが展示販売されていました。
d0163482_228650.jpg

建物内には185軒ほどの常設店と95軒ほどの屋台が軒を連ねています。
d0163482_2283952.jpg

美しい刺しゅう品
d0163482_229126.jpg

民族衣装
d0163482_2292481.jpg

民族衣装人形
d0163482_2295655.jpg

パプリカ
d0163482_2302446.jpg
ハンガリーで最も食される野菜で、香辛料としても様々な料理に使われます。


ヴァーツィ通り
d0163482_2305456.jpg

ブダペスト1の繁華街&歩行者天国
d0163482_231782.jpg
この通り沿いのホテルに宿泊しました。いろいろと便利でしたよ。


ブダペストの街なかでは、“欧州一美しい”と云われる
クリスマス・マーケットが開催されていました。

ホテル近くのヴェレシュマルティ広場にて
d0163482_7151232.jpg

ハンガリーっぽい雑貨のお店
d0163482_7171032.jpg
ブルーが基調なんですね。素敵!

そのほか、さまざまな雑貨が売られていました。
d0163482_718925.jpg
リコーダー?

もちろんグリューワインも♪
d0163482_7183054.jpg
ドイツのに比べて、スパイスが強めでした。

食べ物のお店もた~くさん
d0163482_720487.jpg

店員さんは、みんな親切でフレンドリー
d0163482_7203372.jpg

悩みに悩んで買ったのは…
d0163482_721727.jpg
ロールキャベツ

d0163482_721282.jpg
串焼き

d0163482_721483.jpg
ライベクッヘン?
ジャガイモとタマネギの揚げ物です

d0163482_7225083.jpg
クルクルッと巻かれた筒型のパン。
クルトゥーシュカラーチ(Kurtoskalacs)というそうです。

パン生地を伸ばして棒に巻きつけて…
d0163482_7242482.jpg


回しながら直火で焼いていき、焼き上がったら棒を抜きます。
d0163482_7245395.jpg
最後に味付け。砂糖、シナモン、ココアの中から選べます。
私たちはシナモン味にしました。焼き立てがおいしいかった!!


ハンガリー料理も堪能しました♪

まずは、ハンガリー家庭料理が楽しめるお店
チャルノック・ヴェンデグルー(Csarnok Vendeglo)にて
d0163482_2325596.jpg

ハンガリー料理の代表格、グヤーシュ(Gulyas)
d0163482_2335433.jpg
牛肉やジャガイモ、ニンジン、タマネギなどをパプリカで煮込んだハンガリー版シチュー。
真っ赤な色はパプリカの色素。辛くはありません。体の内側から温まる家庭料理。

川魚のスープ、ハラースレー(Halaszle)
d0163482_2362646.jpg
鯉やナマズなどをパプリカで煮込んだスープ。
コクと旨味がありますが、川魚特有のニオイもきついです。

フォアグラのソテー(Libamaj)
d0163482_2385960.jpg
ハンガリーはフォアグラの名産地。美味しいフォアグラが安く食べられます。


著名人も訪れる有名店、アラバールドシュ(Albardos)にて
d0163482_2411222.jpg

盾や剣がお洒落にディスプレイされた店内。上品な雰囲気が漂います。
d0163482_2425674.jpg

テーブルセッティング&プレートも素敵♪
d0163482_243383.jpg

アミューズ
d0163482_2435497.jpg

フォアグラのパテ&キノコのソテー
d0163482_2443625.jpg

フランベ
d0163482_245228.jpg

フォアグラのソテー
d0163482_2455437.jpg

ナマズのムニエル
d0163482_2462457.jpg



ゲッレルート・ホテルのカフェにて
d0163482_248516.jpg
モカチョコケーキ ハニー・ラテ・マキアート アイスコーヒー

ハンガリー人は甘党が多いそうで
街なかに点在するカフェでは、スイーツの種類が充実しています。
甘いドリンクもいろいろありました。


ハンガリーのお土産といえば・・・

フォアグラ
d0163482_249992.jpg
グースのレバー。
スライスしてレモンをかけたり、軽くバターで焼いたり
あまり熱を通さないのが美味しく食べるコツだそうです。

パプリカパウダー
d0163482_2503537.jpg
パッケージも可愛い。
辛いのと甘いのを買いました。
ドレッシングなどに入れても美味しいそうです。


このほかにも、トカイワインという甘めの貴腐ワインも有名です。


以上、ハンガリー旅行記でした。

チェコのプラハ以来の久々の中欧旅行。とっても楽しかったです。
やっぱり中欧の都市って好きだなぁ♪

長い歴史と文化を感じさせる街並み
情緒あふれる美しい風景
質の高い食文化

どれをとっても素敵♪
早くも、また中欧を旅したくなっています。
[PR]
by mpoo1123ex | 2010-12-26 08:00 | ハンガリー

ブダペスト旅行記 前編


ドナウの真珠” “ドナウの薔薇”と讃えられる美しい都市
ハンガリーのブダペストを旅行しました。

今回は飛行機で。アムステルダム⇔ブダペストは約2時間のフライトです。


さっそく ブダペストの街並みを写真でご紹介しま~す♪

街の中央を南北に流れるドナウ川
d0163482_13561916.jpg


西側はブダ地区、東側はペスト地区と呼ばれています。
その2つの岸を結ぶ橋の中で最も有名なのが このくさり橋
d0163482_6232224.jpg
橋塔の各川岸にはライオン像が2体ずつ

くさり橋 のシンボルとして静かに佇んでいます。
d0163482_624444.jpg
舌がないのが特徴。


くさり橋を渡ってブダ地区へ。

ケーブルカーに乗って、世界遺産の王宮の丘を目指します。
d0163482_6285880.jpg


丘の上はブダペストの街並みを見晴らせる絶好の眺望スポット。
d0163482_6362534.jpg

くさり橋
d0163482_6375744.jpg

ゲッレールトの丘
d0163482_6384857.jpg
王宮の丘の南東に連なる標高235mの丘。
大空を仰ぐ巨大な自由像が立っています。

その近くの温泉へ行きました。ゲッレルート温泉です。
d0163482_724163.jpg
実はハンガリーは日本と同様、世界有数の温泉大国。
市内に温泉施設が点在しているのです。

このゲッレルート温泉はホテルに併設された温泉で合計13(たぶん男女併せて)の浴槽があり
男女混浴の浴槽では水着着用、男湯、女湯では裸で入れます。
泉温は最高でも38℃。日本に比べるとちょっと低めで物足りない感じがしました。


さて、再び話を王宮の丘に戻して、見どころスポットを紹介していきましょう。

まずは漁夫の砦
d0163482_6422445.jpg

中世の城跡を利用して造られました。
d0163482_64324.jpg
名称は、かつて城壁を守ったのが漁夫だったことに由来しているそうです。


ハンガリーを統一した聖イシュトヴァーンの像
d0163482_6454164.jpg
彼が掲げる十字架像は2重になったハンガリー独特のもの。


歴代国王の居城だったブダ王宮
d0163482_6493984.jpg
現在は美術館や博物館として公開されています。


伝説の鳥の像
d0163482_6512149.jpg


コンサートも行われる マーチャーシュ教会
d0163482_6543967.jpg

壮麗なモザイク屋根が特徴です。
d0163482_6553069.jpg

内部も華やか
d0163482_6563618.jpg

d0163482_658478.jpg

ステンドグラスから差し込む光が美しい
d0163482_6574649.jpg

d0163482_658753.jpg


マーチャーシュ教会のそばには三位一体の像が立っています。
d0163482_71257.jpg

ペスト終息の祈りと感謝を込めて造られた像です。
d0163482_714288.jpg


以上、王宮の丘の見どころスポットでした。


ブダペストの魅力の1つは夜景。
街じゅうがライトアップされ、煌びやかな絶景が楽しめます。

ナイトクルーズでドナウ川沿いの夜景を満喫。
d0163482_213657.jpg

d0163482_2171880.jpg

ゲッレルートの丘の自由像
d0163482_2163812.jpg

王宮の丘
d0163482_2174178.jpg


見どころ満載のドナウ川沿いは夜のお散歩が楽しい♪

ブダ王宮
d0163482_218184.jpg

d0163482_2182064.jpg

くさり橋
d0163482_2144992.jpg

d0163482_2152051.jpg

d0163482_215575.jpg



以上、『ブダペスト旅行記 前編』でした。

後編ではクリスマス・マーケットなどもご紹介していきます。
お楽しみに♪
[PR]
by mpoo1123ex | 2010-12-25 08:00 | ハンガリー

またまたまたアントワープへ行ってきました。

我ながら「何回行ってるの?!」という感じですが・・・
今回はクリスマス休暇に入ったダンナくんと行ってきました。
どーしてもアレを食べさせたくて!

そう!前々回に行った Cafe Quinten Matsijs のドライカレーです。
d0163482_6563019.jpg
実は前回は定休日の月曜日だったので食べられなかったのです。

あぁ~会いたかった(食べたかった)よ、ドライカレー
d0163482_6491080.jpg
ダンナくんに食べさせたいというより、私自身が食べたかった… といっても過言ではありません。ぷぷぷ

今回は Japanese Curry もオーダーしました。
d0163482_6505961.jpg
チキンのカレー。
カレーと御飯は別々に出てきます。

御飯にかけて、いっただきま~す♪
d0163482_6514671.jpg
おぉ! これまた美味しいです。
チキンがゴロゴロ入っているし、よーく煮込まれた感じのカレーが最高!
「おふくろの味」的な懐かし~い味で、日本人なら気に入ること間違いなし!!

でもやっぱり私はドライカレー派です。本当に美味しいんだもん!

ダンナくんも一口で気に入りました。
「アントワープへ来たら、絶対にまた食べに来ちゃうね!」だそうです。


さて、せっかくなのでクリスマスマーケットも楽しんできました。

Suikerrui
d0163482_6581693.jpg


Grote Markt (マルクト広場)
d0163482_6593021.jpg

サンタ姿のミュージシャン(3人組)がイイ感じ
d0163482_701119.jpg

ノートルダム大聖堂をバックに
d0163482_705039.jpg


Steen Plein (ステーン広場)
d0163482_712731.jpg

ここにはスケートリンクもあります。
d0163482_715636.jpg

スヘルデ川を臨む絶好のスポット
d0163482_723886.jpg
肩を並べて川を眺める若者たち。なんだか絵になりますね。
この日のことは きっと良い思い出になるでしょう。



今回は、狙っていた大物もゲットできて(これも目的の1つ)
念願のドライカレーも食べて、いろいろ街歩きもできて
またまたまた楽しいアントワープぶらり旅になりました。

ダンナくんも、前よりもアントワープが好きになったそうです。よかった♪
[PR]
by mpoo1123ex | 2010-12-24 23:00 | ベルギー
久々にダンナくんと
ダムぶら
(アムステルダムをぶらぶら)してきました。



実はこの日はAjax(サッカー)の試合を見に行くはずだったけど
大雪による交通の乱れ&危険回避のためにキャンセルとなり
暇人2人組になってしまったのです。

「そういえば、クリスマスシーズンに
アムステルダムをぶらぶらしたことってないね〜」
ということで急きょ出かけてみることになりました。

この時期は寒すぎて、できれば家でヌクヌクしていたいし
どうせ出かけるなら、ドイツかどこかの盛大なクリスマス・マルクトへ行きたいし・・・
わざわざアムスの街なかへ出向くことなんてなかったのです(私たちだけ?)


さて、まず向かったのはライツェ広場(Leidse Plein)

小規模ですが、クリスマスマーケットの屋台っぽいものが出ていました。

小腹が空いたので、グリューワインとオリボーレン&Appelbeignetを。

グリューワインは4ユーロ。
熱々じゃないし、味も・・・ 値段の割にイマイチでした。
その代わり、オリボーレンは揚げたてでメチャメチャ美味しかったです。


腹ごしらえしたら、イルミネーションを見ながら ゆっくり街ぶら開始。

Leidsestraat


Heiligweg


ちょっと寄り道♪

やっぱり ここのフリッツ(フライドポテト)は
いつ食べても、何度食べても、誰と食べても おいしいわぁ


Kalverstraat


ダム広場のツリー


Damrak



レンブラント広場(Rembrandtplein)では


Winterland Amsterdam
というイベントが開催中(〜1/2まで)


いわゆるクリスマス・マーケットで
いろいろな屋台やスケートリンクが出ています。


こんなトナカイの馬車もありますよ♪



クリスマスのアムステルダム、けっこう盛り上がってるんですね〜
マーケットが出ているなんて今まで知りませんでした。

運河沿いの夜景も素敵でした。


それにしても寒かった。
この日の気温は−6℃
体感気温は−10℃以下だったと思います。

凍るかと思った
[PR]
by mpoo1123ex | 2010-12-22 08:00 | オランダ
またまたアントワープへ行ってきました。

前回と同じで、女同士の食べ歩き&買い物ツアー♪
さらに「クリスマス・マーケットも楽しんじゃおう!!」という企画です。

今回はなんと!自他共に認める“方向音痴”の私がガイド役でした。
お友達2人を案内したのですが
もちろん、途中で道に迷い・・・
2人に助けてもらったことは言うまでもありません。。。

ということで今回も 自分のための備忘録、まとめておきま~す。
前回とあまり変わらないけれど・・・

地図はコチラ


前回と同じで intercity (NS Highspeed) という電車で行きました。
ただし、Superdagの料金は 33.80 → 34.20ユーロに値上がりしてました。
たった2ヵ月の間に40セントの値上がり・・・
ヨーロッパって何でもどんどん値上がりしていきますよね~


アントワープに到着すると 綺麗な青空が広がっていました。
d0163482_5465462.jpg
絶好の街ブラ日和♪ 

前回と同じく、まずはDel Reyへ寄ってケーキを取り置き。

続いてLaura Ashleyで雑貨やリネンなどを物色。

いろいろとセールになっていたし、買いたいものがいくつかあったのだけど・・・
ダンナくんに相談してからにしよう!と思って今回は保留にしました。
近いうちに ダンナくんと来なくっちゃ!


そして、大好きなインテリア雑貨のお店 Donum へ。

今回も Mariage Freres の紅茶を購入。
d0163482_654346.jpg
お友達の家で飲んで、とっても気に入った Rouge Metis を。
缶は売り切れていたのでティーバッグ。
お家で飲んでみたら、やっぱりおいしいかった♪

Esteban のルームフレグランスも買っちゃいました。
d0163482_684080.jpg
Esprit de the(エスプリ ド テ)
グリーンティー&桜 の甘くて爽やかなフローラルティーの香り。

このDonum、何度来ても その品数の豊富さに驚きます。
お友達は、アムスでは買えなかった ittala のグラスを見つけて御満悦♪でした。


ランチは Grand Cafe Horta で。

まずはベルギービールで乾杯♪
d0163482_7142967.jpg

各々に好きなものをオーダーし、みんなでシェアしました。
d0163482_715076.jpg
クラブハウス・サンドイッチ タイ風ビーフサラダ サーモンのサラダ

どれも、とってもおいしかった~
広くて雰囲気のいい、素敵なカフェでした。


Pierre Marcolini へ。クリスマスムード満点です。
d0163482_7193371.jpg

今回買ったのは Truffe Champane
d0163482_7201691.jpg
コロンと小さいけれど
一口食べるとシャンパンの香りがフワッと広がります。


こちらは、お友達が教えてくれた Philip's Biscuits
d0163482_7255058.jpg
店内はビスケットのイイ香り~ 混雑気味で人気のお店のようです。
いろんなビスケットが売られていました。試食をいただいたら美味しかったです。


この後も HabitatDelhaize などを巡る 前回と同じコース。


私がどうしても行きたかったのが Santa Maria Novella のアントワープ支店。
前回 すごく気に入ってしまった Angeles of Florence のオーデコロンをついに購入しちゃいました。
d0163482_7383464.jpg
この香りをどうしても忘れられなくて・・・
やっぱり素敵な香りだぁ♪ 買ってよかった。


さて、今回のもう1つのお楽しみはクリスマスマーケット!
いろいろ巡ってみましたよ。

ノートルダム大聖堂前の広場
d0163482_732592.jpg

市庁舎前のマルクト広場
d0163482_7324614.jpg

SUIKERRUI
d0163482_7331435.jpg

本場ドイツのマルクトと比べちゃいけませんが・・・
d0163482_7335894.jpg
ちょっと物足りない感じ。
平日の昼間だったからかなぁ~

ベルギーだけにワッフルの屋台が多かったのが印象的。
d0163482_73529.jpg


シャンパンの立ち飲みバーもありました。
ムール貝などのシーフード料理の屋台もあったけど
なんか衛生的じゃなさそうで・・・ やめときました。

グリューワインは甘め。ジュースみたいで飲みやすかったです。
d0163482_735479.jpg
でも量が多くて・・・
1杯400mlで2ユーロ。 安いけど飲み切れないので3人でシェアしました。


今回も締めはやっぱり Del Rey サロンです。
d0163482_7444570.jpg
ラテ・マキアート

d0163482_7451523.jpg
ほっぺが落ちそうなくらいおいしかったケーキたち♪

はぁ~ 至福の時でした。

こんなに美しくて繊細なお味のケーキは、オランダではなかなか食べられません。
ちょっとずつ、ちょっとずつ 味わいながらいただきました。


ショップでお土産も購入。
d0163482_7482820.jpg
甘くないマカロン

パプリカ&バジル
カレー&チーズ
胡椒&ベリー
d0163482_7485420.jpg
これ、すっごくおいしかったです!
ワインに合いそう!! オススメですよ。

店内に置いてあったカレンダー
d0163482_757218.jpg

素敵な写真ばかりだったので「買おうかな」と思って値段を聞いたら
なんと無料でした。ラッキー♪
d0163482_7584120.jpg
キッチンに飾ろうっと♪♪


見て、食べて、買って ホクホクと大満足でアントワープ中央駅に戻ってきました。
d0163482_7551080.jpg

d0163482_7552693.jpg
よく見れば、素敵な駅舎ですね~


お友達も大満足♪ とっても楽しめたようです。
私もすっごく楽しくて、ますますアントワープが好きになりました。

近いうちに また行きます♪
 
[PR]
by mpoo1123ex | 2010-12-17 08:00 | ベルギー

Noël à Paris

週末に一泊二日のパリ旅行♪

ウチからパリまでは車で約4時間半なので
早朝に出発して、お昼にはパリ中心街へ到着です。
d0163482_1792067.jpg
ビーグルズも一緒♪


この時期にパリへ行きたくなった理由は
Noël à Paris(パリのクリスマス)を楽しめるから♪

街じゅうがイルミネーションでライトアップされ
あちこちでクリスマスマーケットが開催されるのです。
※ライトアップイベント(Paris Illumine Paris):11月中旬~翌年1月中旬まで
※クリスマス市(Marches de Noel):11月19日~12月24日まで



夕方5時過ぎには空が暗くなり、街じゅうがイルミネーションで彩られます。

夜空に浮かび上がる凱旋門
d0163482_1724226.jpg


シャンゼリゼ大通りもライトアップ
d0163482_1725731.jpg

d0163482_17252262.jpg


コンコルド広場
d0163482_17255739.jpg

明るく輝く大観覧車
d0163482_17262534.jpg


コンコルド広場から見たエッフェル塔
d0163482_1727087.jpg
幻想的。お気に入りの1枚です。


シャンゼリゼ通りのクリスマス・マーケット
d0163482_17283040.jpg
白い屋根の屋台が軒を連ねます。
ドイツのマーケットとは全然ちがう雰囲気。やっぱりオサレです。

雑貨、衣類、玩具、食べ物などなど お店がたっくさん!
d0163482_17294775.jpg

d0163482_1730083.jpg

d0163482_17301753.jpg


とりあえずグリューワイン! 冷えた体が暖まります。
d0163482_1730493.jpg


楽しそ~な滑り台。
d0163482_1732418.jpg


光のオブジェも素敵でした。
d0163482_17324714.jpg



ネオンといえば、オペラ座周辺のデパート群も要チェック!

ギャラリー・ラファイエット
d0163482_17345780.jpg

名物の巨大クリスマスツリーは圧巻!
d0163482_1738258.jpg

<左>下から <右>上から
d0163482_17384341.jpg


プランタン
d0163482_1739107.jpg
ピンク&パープルのイルミが素敵

デパート内のツリーたちも可愛かったです。
d0163482_1740945.jpg


フラリと入った6Fのカフェは・・・
d0163482_17405662.jpg
天井にビックリ!
アール・ヌーヴォー様式のステンドグラスで覆われていました。

広くてゴージャス!
d0163482_1742272.jpg
休憩に寄ったのに、なんだか気後れして余計に疲れちゃいました。。。


さて、今回の旅のもう1つのお楽しみは、ズパリ 日本食!
パリには美味しい日本食レストランがたくさんあるのです。

まずは、お友達オススメの国虎屋へ。
d0163482_1744189.jpg
四国出身のオーナーが作る本格うどんの食べられるお店。

<左>国虎うどん <右>カレーうどん
d0163482_17451355.jpg
国虎うどんはダシのきいたスープがメチャメチャ美味しくて最高でした!
カレーうどんは・・・ 甘めのカレー味で私的にはちょっとガッカリ。

壁に貼られていたメニューを見て、思わず食べたくなった カラスミ大根
d0163482_1747640.jpg
燻ったカラスミが美味でした。


ディナーは 焼肉 松ちゃんへ
d0163482_17481826.jpg
日本人スタッフが親切丁寧なお店。

お肉も野菜もおいしかった♪
d0163482_17492253.jpg
久々の焼肉を堪能しました。


そして、パリへ来たら必ず行ってしまうラーメン屋 ひぐま
d0163482_175022100.jpg

スープも麺も、すっごく好みの味です。
d0163482_17505576.jpg
<上>味噌ラーメン <下>塩ラーメン

と、日本食三昧でした♪
オランダではなかなか食べられないので、いつもこうなっちゃいます。


今回は観光をほとんどしていないのですが、
サン・ジェルマン・デ・プレ教会にだけ行ってみました。
d0163482_1754344.jpg
その前でクリスマスマーケットをやっていたから♪

規模は小さいけれど、お店はどれも個性的。
d0163482_1754439.jpg


このグリューワイン!
d0163482_17551324.jpg
今まで飲んだ中で、ダントツNo.1のおいしさでした。
甘味があって、スパイスもほどよく効いてて、本当においしかった♪
ダンナくんいわく、「売っている兄ちゃんも、すげぇイケメンだった」そうです。
ん? どういうこと? 


サン・ジェルマン・デ・プレ教会の中は こんな感じです。
d0163482_17572656.jpg

d0163482_17574326.jpg

d0163482_175758100.jpg
ステンドグラスがどれも綺麗でした。


さて、このエリアにある 前から行ってみたかったお店がこちら↓
d0163482_1759534.jpg
Patisserie Sadaharu Aoki
パリで活躍中の日本人パティシエ、青木定治氏が経営するお店です。

店内に飾られたマカロン・アート
d0163482_1815299.jpg
素晴らしい!

「パリの人々に抹茶の存在を知らしめた」と云われるだけあって
抹茶系のスイーツは品数豊富。
d0163482_1822146.jpg

抹茶のクロワッサンや、抹茶のチョコデニッシュも。
d0163482_1825990.jpg
抹茶好きの私は買わずにいられませんでした。
どちらも抹茶の味が存分に楽しめるお味。おいしかったです。

マカロンも購入。 日本ならではの味を選んで買ってみました。
d0163482_18102677.jpg
抹茶 玄米茶 ほうじ茶 梅 ゆず わさび など


以上、遊んで、食べて、買って 大満足~♪のパリ旅行でした。
パリのクリスマス、楽しいかも♪ 来年もまた来れるといいなぁ。

君たちは、お留守番ばかりで退屈だったね。
d0163482_18114019.jpg
でも一緒に来てくれてありがとう。
[PR]
by mpoo1123ex | 2010-12-08 17:11 | フランス