旅の思い出、詰め合わせ。


by mpoo1123ex
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

JAMBO SAFARI! in ケニア マサイ・マラ編②

野生の王国ケニアの旅行記 『JAMBO SAFARI! in ケニア』の6回目。

前回に続き、マサイ・マラ国立保護区で見た動物たちを紹介していきます。

お待たせしちゃって&もったいぶっちゃって すみません!
今度こそ、ライオン ヒョウ チーターの人気者ビッグ3が登場しますよ!


ということで、さっそくライオンから!

まずはマサイ・マラ1日目に見たライオンたち。

茂みの中の1頭と
d0163482_17455257.jpg

サバンナの中の3頭(写真では2頭に見えますが、もう1頭が寝転んでます)。
d0163482_1746421.jpg
全員メスでした。

サバンナのほうのライオンたちは…
d0163482_02757100.jpg
知ってか知らずか、のん気に近づいてくるアフリカゾウたちを
じ~っとりと見つめていました。

群れの中には子ゾウもいたので、ちょっとドキドキ。
大きなゾウはハンティングの対象外だけど、子ゾウは襲うこともあるんですって。
でも何ごともなく、ゾウさんたちはノシノシと通り過ぎていきました とさ。


続いては、2日目の朝に見たライオンたち。

茂みの中を出たり入ったり… 何頭かは分からないけど複数が潜んでいたようです。
d0163482_1746362.jpg
1頭が小さな獲物を咥えているのが見えました。
みんなで少しずつ分け合っていた模様。

(たぶん)食事を終えた1頭。
d0163482_17464634.jpg

「ぜんぜん足りない。もっと食べたいよー」
d0163482_17465716.jpg
と言ってるように見えました。


そして、2日目の夕方。
なんとなんと! ファミリーのライオンたちに遭遇!
d0163482_1747842.jpg
こちらはお母さんと子供たち。
寝ているほうが女の子で、起きているほうが男の子。

一方、お父さんはというと…
d0163482_17472650.jpg
ちょっと離れたところで、ぼ~んやり たそがれていました。
哀愁が漂っちゃって、ダンディ~!

まずは母と子どもたちを激写!
d0163482_17471778.jpg
車が近づいても、驚きも怒りもしません。

母ライオン
d0163482_17473681.jpg
しばらくウトウトしていましたが…

急に立ち上がって離れていきました。
d0163482_17474496.jpg
ダンナと子供を置いて、どこへ行く?

こちらは子供たち。
d0163482_0525975.jpg

娘ちゃんはグースカ寝てばかり。
息子くんは、お母さんの様子をずっと気にしてました。
d0163482_17475863.jpg
たてがみが生え始めばかりのようです。
人間でいったら、声変わりが始まる思春期の入口ごろかな?

非行に走らず、立派な大人になってね!
d0163482_0523094.jpg


母と子たちの観察を終え、お父さんのほうへ移動してみたら…
d0163482_17483765.jpg
すっかり爆睡してらっさる。

サバンナの真ん中で、こんなに無防備に寝ちゃうなんて…
d0163482_17482588.jpg
これぞ「王者の証」でしょうか。

しっかし、スヤスヤとよく寝てますね。
d0163482_17484783.jpg
さっきのダンディ~はどこいった?

寝顔、可愛過ぎ~
d0163482_1749041.jpg
ナデナデしたい衝動をこらえるのに必死でしたわ。

無邪気な寝顔に見とれていたら、
d0163482_17491395.jpg
急にパチっと目が開いて、

ムクっと起き上がったので、
d0163482_17492439.jpg
ビビるワタクシ。

とにもかくにも、すっごい体験でした。
動物園でも、こんなに近くでライオンを見たことないもんね。


続いて紹介するのは、ヒョウです!
なかなか見つけにくいと云われているヒョウですが
2回も見ることができました。ラッキー♪

まずは1回目。 マサイ・マラ1日目の夕方でした。

ちょっと分かりにくいけど、草むらに潜むヒョウ柄(←正真正銘、本物の)を発見!
d0163482_1749407.jpg

しばらくは草に隠れちゃって よく見えなかったのですが
d0163482_1749518.jpg
急にストレッチを始めて体の向きを変えた一瞬を激写!

その後は体を伏せてしまい、すっかり見えなくなってしまいました。
あきらめた見物人たちがどんどん離れていきます。

そんな中、Hudsonさんの判断で その場に残った私たち。
願いが通じて、またヒョウが起き上がってくれました。
d0163482_1425432.jpg

やったね! 粘り勝ち♪
d0163482_1750542.jpg
Hudsonさん、ナイサ!!


続いては、3日目の朝。
木の上で寛ぐ2頭のヒョウを発見!
d0163482_17503161.jpg
どこにいるか分かりますか?

ココとココです!
d0163482_1383936.jpg

木の上に身を潜めて獲物に忍び寄り、一瞬で仕留めるというヒョウ。
あの派手な体の模様も、木の葉にまぎれると立派な迷彩になります。
d0163482_17505667.jpg
風景に溶け込んじゃって見つけづらい!

Hudsonさんが車を動かしてくれたので
d0163482_1751819.jpg
左のヒョウを真下から撮影。

ちょっとボケちゃったけど、お顔もしっかり撮れました。
d0163482_17512551.jpg
よく見ると、お腹がポッテリたるんでいます。お食事の後だったのかな?


お次はサバンナの人気者(観光客にとっての、です)、チーター! 
3回も見ることができました。イエ~イ♪

まずはマサイ・マラ1日目。

草原の中で、まったりしている2頭を発見!
d0163482_17513675.jpg
迷彩しすぎて分かりにくい…

かなり離れていたので、望遠レンズでズームしてもこれが限界。
d0163482_273783.jpg
草に隠れちゃって、顔もよく見えませんでした。


続いて、2日目の朝。

アリ塚でくつろぐ2頭。
d0163482_17515934.jpg
前日に出会ったのと同じ2頭かな?
今度は顔も体もハッキリ見えます。

ヒョウに比べて、小顔でスリムなチーター。
d0163482_17521225.jpg
目の下の黒い筋も、見分けるポイントです。

普通は単独行動をしますが、独立前は兄弟などでタッグを組むことも多いそう。
d0163482_17522338.jpg
この2頭も兄弟か姉妹(兄妹、姉弟)かな?


そして、3日目の朝。
またもや2頭のチーターズに遭遇!
d0163482_1752362.jpg

今度は活き活きと動いているチーターズです。



この時、2頭との距離はこのぐらい。
d0163482_17524898.jpg

歩き続けるチーターズを、車をゆっくり走らせながら追跡。
d0163482_17525954.jpg
なんだかパパラッチになった気分。

間近で見ると、体の模様の美しさに目を引き付けられます。
d0163482_17531068.jpg
ヒョウよりも細かい斑点。 ビューティフォー!
尾の先はリング状の模様になっているのね。

突如、片方のチーターが放尿を始めてビックリ!
d0163482_17534369.jpg
え?どこから出てるの?
イヌみたいに足をあげないの?(ネコはこうやってするもの?)

もう片方のチーターも突然足を止めました。
d0163482_17532477.jpg

そして、私たちの目の前で座ったーーー!!!
d0163482_17541455.jpg

おぉぉぉー!
d0163482_1754133.jpg

なんと! もう1頭のチーターまでキターーー!
d0163482_17543150.jpg

奇跡のシンクロショット連発!!!!
d0163482_17544333.jpg

なんてラッキーな私たち♪
d0163482_17545420.jpg
後で聞いた話ですが、Hudsonさんはドライバ仲間たちから
「どうやってチーターたちを手なづけたんだ?」と羨ましがられたそうです。

その後、またトコトコと歩き出し サバンナの中へ消えていったチーターズ。
d0163482_1755596.jpg
たくさん写真を撮らせてくれてありがとう!!
キミたちのこと、一生忘れないからねー!!


サバンナの人気者「ビッグ3」との夢の対面でした。
まさか、こんなに間近で見られるとは思っていなかったので
ほんとに、ほんとーに嬉しかったです。

これもすべてHudsonさんのおかげ。 とーーーっても感謝しています。


最後は、鳥たちをご紹介。 今回もさらっと、ね。

カンムリヅル
d0163482_17551826.jpg
この容姿、他の鳥とは間違えようがありません。


アフリカハゲコウ
d0163482_17552969.jpg
左の子、足がヘンなところから曲がっているのでHudsonさんがおもしろがっていました。
たしかに! あんなところから曲がるんですね。


ヘビクイワシ
d0163482_17554588.jpg
木の上に巣を作り、そこで卵を温めるそうです。


サンショクウミワシ
d0163482_17555670.jpg
遠くて小さい。
私には識別不可能ですが、Hudsonさんを信じて。


ホロホロチョウ
d0163482_17561333.jpg
キミたちは首の青い部分が目立つから、すぐに分かるよ。


ライラックブッポソウ
d0163482_17562763.jpg
遠くて見えにくいけど、ライラック色の美しい鳥。
Hudsonさんの一番好きな鳥だそうです。


トビ
d0163482_1757260.jpg
雑食で、昆虫やネズミから観光客の残飯まで、何でも食べるそうです。


ハゲワシ
d0163482_17572056.jpg
ライオンやハイエナの食べ残しを狙います。
時には多勢で攻めて横取りすることもあるんですって。


セネガルショウノガン
d0163482_17574263.jpg
クリクリお目目が可愛らしい鳥。


トサカゲリ
d0163482_17575344.jpg
黄色いクチバシと足が特徴的で目を引きます。


以上、長かった『マサイ・マラ編』も、ようやく おしまい です。
長い記事に付き合ってくださった皆さま、ありがとうございました。

次回はいよいよ最終回。
『エピローグ』と題して、旅のまとめやお気に入り写真を紹介する予定です。
ここまできたら、最後まで見てね!
[PR]
by mpoo1123ex | 2012-01-08 23:00 | ケニア